あなたの話は伝わっていますか?|一方的な話し方では伝わらない3つの理由

わか わか


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
お悩み解消研究家のわかです。

学生時代、後輩に話をする機会がよくありました。
こちらから伝えるべきことがたくさんあると、ついつい一方的な話し方をしてしまいがちです。
しかし、そういう一方的な話し方だとたいていは、右から左で話が全く理解されていないんですよね。

伝えるために話をしているのに、伝わっていなかったら意味がありません。
そんな私を見かねた先輩が、あるアドバイスをしてくれたことがありました。

今回はそのアドバイスをもとに、一方的な話し方ではなぜ伝わらないのかについて考えていきます。

目次

  • 一方的な話し方になるのはなぜ?
  • 一方的な話し方では伝わらない3つの理由
  • ①皆自分の話を聞いてほしい
  • ②相手のことが見えていない
  • ③相手のわかる言葉が選べない
  • 伝わる話をするために大切なこと
  • まとめ

一方的な話し方になるのはなぜ?

そもそも、一方的な話し方になるのはなぜなのでしょうか。

まず1つには、自分の話したいことがたくさんあるからでしょう
話すことができる時間は限られていますから、時間内にすべて伝えなければと思うと、一方的な話し方になってしまうのです。

また、わかってほしいという思いが強いと、一方的な話し方になりがちです
自分の話を聞いて、共感してほしい、わかってほしい。
そう思うからこそ、相手に有無を言わせないくらいに一方的に話してしまうのです。
相手から何か否定的な言葉が返ってきたりすると怖いと思うからです。

一方的な話し方は、自信がないことの裏返しとも言えるかもしれません

一方的な話し方では伝わらない3つの理由

しかし、一方的な話し方をしてしまうと逆効果で、わかってほしいことも伝わらなくなってしまいます。
なぜ伝わらないのか、以前先輩から3つの理由を教えてもらいました。

①みんな自分の話を聞いてほしい

基本的に、誰しも自分への関心が一番高く、自分以外の人のことに対しては関心が低くなるものです。
だから自分に関心のあることであれば、話を聞く気も出てくるのでしょう。
しかし、基本的には皆自分のことをわかってほしい、自分の話を聞いてほしいと思っています。

自分の話を聞いてくれる人 = いい人。
自分の話を聞いてくれない人 = 嫌な人。

自然とそういう方程式ができあがり、自分の話に耳を傾けてくれず、一方的な話し方をする人には嫌な印象を抱くのです。
自分にとって嫌な人の話を時間をとって聞こうとは、とても思えないのではないでしょうか

②相手のことが見えていない

相手に話が伝わったか伝わっていないかは、様子を見ているとなんとなくわかります。
こちらの話に対して反応があいまいだったり、スッキリしない顔をしていたりするからです。

相手に伝えようと思って話をしている人は、そういう相手の様子を見て、話し方を変えるものです。
しかし、一方的な話し方をする人は、相手のことが見えていない傾向にあります
自分の話したいことで頭がいっぱいで、相手がその話を理解したのかしていないのかに気づくことができないのです。

相手に伝わっていないまま一方的な話し方を続けるので、どれだけ話をしても、伝わらないままになってしまうんですね

③相手のわかる言葉が選べない

どんな場面においても、人と人との間には、理解の差があります。
相手はどこまで理解しているのか、どういう言葉なら伝わるのか。
それらは会話のキャッチボールをしながら探っていくものです。

しかし、一方的な話し方だと、会話のキャッチボールができませんから、結果的に自分本位な言葉ばかり使ってしまいます。
まったくの初心者の人に専門用語を連発しても、わかる道理がありません。

一方的な話し方では、相手の理解に合わせて、相手のわかる言葉を使っていくことが難しいのです

伝わる話をするために大切なこと

上記3つの理由から、一方的な話し方では相手に伝わる話ができないことを学びました。
では、伝わる話をするためにはどうしたらよいのでしょうか。

先輩は、伝わる話をするためには、まず相手の話をよく聞かなければいけないと教えてくれました。
相手の話をよく聞くことで、相手がどこまで内容を理解しているのか、相手がよく使う言葉は何かがわかるというのです。
相手の話を聞くように心がけると、相手の様子も見るようになるでしょう。

また、話を聞いてくれる人はいい人と判断しますから、相手は何も言わなくてもこちらの話に耳を傾けてくれるようになると思います。
伝わる話をするために大切なのは、相手の話を聞くことなのです

まとめ

・皆自分の話を聞いてほしい
・相手のことが見えていない
・相手のわかる言葉が選べない

この3つの理由から、一方的な話し方では相手に伝わる話ができません。

相手のことを知れば知るほど、相手に伝わる話ができるようになりますから、相手の話をよく聞くことが大切です
一方的な話し方をするのではなく、相手の立場に立って、お互いに満足できる時間を過ごしたいですね。

The following two tabs change content below.
わか

わか

チューリップ企画コールセンターのわかと申します。
静岡の温暖な気候の中で育ったせいか、のんびりと構えていることが多く、周囲からはよく「いつも安定しているね」と言われます。
日常の様々な出来事を物語化することが好きです。学生時代、家ではほとんどの時間を机の前で過ごし、ノートに散文を書きためる日々を過ごしていました。そんな小さい頃からの癖で、日常の出来事を無意識に観察していることがあり、見ているうちに周囲の人間関係も客観的に把握することができるようになりました。
今まで見てきた人間関係、自分自身の悩んだ経験や、日々の電話応対の中でのお客様の声などを通して、皆様の悩みに寄り添える記事を書いていきたいと思います!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop