職場に嫌いな人がいる人は職場を変えても嫌いな人が出るという話

九条えみ 九条えみ

こんにちは。人間関係改善サポーターの九条えみです。

職場に嫌いな人がいると、協力できず仕事にも支障が出ます。

そうと分かっているので、嫌いにならないように思っても、好き嫌いの感情を変えるのは、なかなか大変ですよね。

職場に嫌いな人がいる場合、こう考えてみてはどうでしょうか。

目次

  • 職場に嫌いな人がいる環境を克服できた、ある男性の話
  • 嫌いな人がいる人は、職場を変えてもまた嫌いな人が出てくる

職場に嫌いな人がいる環境を克服できた、ある男性の話

ある男性Aさんの話です。

職場ではAさんの向かいの席に、20歳ほど年上の社員Bさんが座っています。

そのBさんは、いろいろなことを質問してきます。

それでAさんは「Bさんは、何でもかんでも質問してきて面倒くさいなあ」と思うようになりました。

最初は、年上でもあるので、小まめに答えていましたが、次から次と質問してくるので自分の仕事がはかどりません。

そのうちに、質問されても、適当に流すようにしたのですが、余計にどうでもいい質問をするようになり、「正直イライラする、Bさんとは顔も合わせたくない」と思うようになりました。

実はこのAさん、「職場に嫌いな人がいる」という理由で、今までに何度も転職してきました。

このままだと、また、転職するかもしれない。

しかし、今の仕事はやりがいがあるので、転職したくない。

そこで嫌いな人がいるから職場を変える。そんな自分を変えねばならないと気持ちを切り替えたのですが、ではどうすればよいのか。

考えたAさんは今まで適当に流していたBさんの質問を、一つ一つ、誠意をもって答えようと決めました。

するとどうでしょう。

コミュニケーションをとる時間が増えていくと、顔も合わせたくないとまで思っていたのが、案外、平気に思えるようになったのです。

心の持ち方ひとつでイライラが収まりました。

嫌いな人がいる人は職場を変えてもまた嫌いな人が出てくる

Aさんは、具体的に、自分の行動を変えてみました。

今、やっている仕事がやりがいがあって、転職したくないというのがきっかけでした。

もし、Aさんが、今まで通りで、何も変わらなかったら、やがてはまた転職したでしょう。

では、転職を繰り返したその先に、嫌いな人が一切いない職場が見つかるのでしょうか。

こんな言葉があります。

”アイツさえいなければ”と、

職場に天敵のある人は、

職場を変わっても天敵のある人だ。

自己の中に、天敵がいるからだ。

あの人が嫌いと思うのは、実は、自分の心で決めているのです。

職場を変えても、また、同じように嫌いな人が現れることでしょう。

嫌いな人がいるから職場を変えるのでは、いつまでも転職を続け、心穏やかに仕事をすることはできません。

結局、自分の心構えを変えねば、穏やかな日常は送れないのですね。

では、嫌いな人と仕事をしなければならない時に、具体的にどう考えれば良いのでしょう?

こちらの記事で紹介しています。

↓↓↓

嫌いな人との仕事が割り切れない?|うまく割り切るための3つの考え方

The following two tabs change content below.
九条えみ

九条えみ

チューリップ企画の九条えみです。主に電話でのお客様サポートや『朗読版とどろき』の吹き込みを行っています。

生まれた時からニコニコしていたらしく、母につけられたあだ名は「ころニコ」お餅が笑っているような赤ちゃんでした(笑)真ん中っ子の私は、上も下の気持ちも分かるので、どんな言葉が相手に喜ばれるか自然と考えるようになっていました。感受性が強いのか繊細さに悩むこともありますが、 モットーである「笑顔」と「言葉」を軸にして、同じ悩みを持つ方に寄り添うような記事を書きたいと思います。音楽、オシャレ、効率化が好きです(^^)♪
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop