「自分の話を聞いてくれない」と悩む方へ|話すときに一番大事なポイント

「一生懸命話しても、全然聞いてくれない」

そんな経験はないでしょうか。

会社なら上司が部下に話すとき、家なら妻が夫に、親が子どもに話すとき。

話を聞いてくれない相手に伝えたい場合、一番大事なポイントは何でしょうか。

実体験を通して紹介します。

「口下手で話すのが苦手」という悩み

口下手で大人しい性格の知人が、オンラインで一対一で話をすることになったそうです。

「自分なりに一生懸命話すけれども、いまいち話が盛り上がらない。頑張っても空回りして、どんどん自信をなくしてしまう」と相談を受けました。

口下手な人が一対一で話を続けるのは大変です。

とても緊張して無理に明るく振舞っている姿が目に浮かびます。

しかし、元の性格とかけ離れた自分を演じると「この人、相当無理しているな・・・」と何となく相手に伝わってしまうものです。

そこで、こう伝えてみました。

「今の状態は“自分がどう見られるか”ばかりに気を取られて、相手に向き合っていないような感じがします。

無理に明るい自分を演じるのではなく、相手の幸せを想って、自分らしく誠実に話してみてはどうですか?

たとえ、たどたどしい口調でも、真面目さや真剣さが伝わってきて、かえって好感を持つことはよくあるものですよ」

後日、相談を受けた人から「聞いた通りにアドバイスしてみたら、上手くいくようになった」と喜んでいました。

話すときに一番大事なポイント

「自分の話を聞いてほしい」

「なんで真面目に聞いてくれないんだ」

という心が出てきたら要注意です。

話す目的が自己満足を満たすためになっているからです。

話をする目的は相手に分かってもらうためです。

それには、まず相手に目を向けることです。

いまの相手の心理状態はどうだろうか。

気が散っていないか。

落ち込んでいないか。

テンションが上がっているか。

など、相手の心理状態によってこちらの対応も変わってきます。

相手が悩みを抱えていて、その悩みを聞いてほしい状態のときに、自分ばかり話しては相手は満足しません。

そういう時はあえて何も話さずに「何かあったんですか?」と問いかけてみる。

すると、話したい人はつらつらと今の気持ちを話すでしょう。

話しをするときは、利他に徹する心がけが大事です。

利他とは、他人に利益を与えると書き、相手を幸せにすることです。

相手の幸せを念じた言動が、相手を満足させ、結果的にこちらの話も受け取ってもらえるのです。

経営者の稲盛和夫さんも利他の心を重んじています。

経営判断する際に、「自分だけがよければいい」という利己の心では誰の協力も得られず、視野が狭くなり間違った判断をしてしまいます。

「人によかれ」という利他の心は、周りの人も協力してくれ、視野が広くなり正しい判断ができると言います。

仏教では幸せになりたければ与えることだけ考えよと言われます。

「自分の話を聞いてくれない」の心を回れ右して「相手が望むことは何か?」とまず相手の心を考えることが大切ですね。

The following two tabs change content below.
九条えみ

九条えみ

チューリップ企画では、お客様サポートおよびウェブでの情報発信を担当しています。仏教を学んで約10年。仏教の視点からお悩み解消のヒントをご紹介できればと思います。
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事