努力のモチベーションが上がらないときの考え方|すべて自分の身になる


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
お悩み解消研究家のわかです。

「自分なりに一生懸命やっているのに、誰もほめてくれない」
このように感じている人は多いのではないでしょうか。

誰も評価してくれる人がいないと、なかなか頑張れないものですよね。
今回は、努力のモチベーションが上がらないとき、どう対処したらよいかを考えてみたいと思います。

モチベーションを維持するのは難しい

努力が大事だとわかっていても、一人でコツコツ頑張ることは大変です。
私たちには誰にでも頑張りたくないという睡眠欲があり、楽に流されてしまうのが普通でしょう。

そんな中、自分の頑張りを見ていて評価してくれる人が近くにいれば、努力のモチベーションにつながることは間違いありません。

しかし一方で、皆自分のことに精一杯ですから、他人のやっていることに意識が向かないのも事実です。
他人に評価されることをモチベーションにすると、なかなか維持できないのではないでしょうか。

まいた種は必ず生えることを知る

人が見ていようと見ていまいと、努力することには大きなメリットがあります。
それは、どんな形であれ、「まいた種は必ず生える」からです。

それを表すのが仏教の「因果の道理」です。

善因善果 悪因悪果 自因自果
(よい行いは、よい結果、悪い行いは悪い結果を引き起こす。
自分のまいた種のすべては、自分に結果が現れる)

努力はよい行いなので、頑張った分だけ自分によい結果が返ってきます。
仕事でも、「どうせ誰も評価してくれないから」と思って手を抜いていた人と、評価に関係なく努力を続けていた人とでは、1年後に大きな差が出るでしょう。

努力したものはすべて自分の身になりますから、やがて周りの人の目に留まり、自然と評価もついてくるかもしれません。

「仏さまはすべてご存知」

仏教を説かれたお釈迦さまをはじめとする仏さま方は、見聞知(けんもんち)の方であると言われます。

あなたがどんな行いをしているか、すべて見ているよ。
あなたがどんなことを言っているのか、すべて聞いているよ。
あなたがどんなことを思っているのか、すべて知っているよ。

たとえ人が見ていなくても、仏さまはすべてご存知だ、ということです。

誰が見ていなくても、仏さまは私の頑張りを知っておられる。
そう思えば、モチベーションも上がるのではないでしょうか。

そして実際、努力したことはすべて自分の結果となって返ってくるのです。

まとめ

努力するときに、誰かの評価を力にすることはよくあります。
誰かがきちんと見ていてくれると思えば、頑張れることも多いでしょう。

しかし本当は、誰かが見ていても見ていなくても、努力したことは必ず返ってくるのです。

仏教では仏さまは私の行いをすべてご存知だと教えられます。
誰も見ていなくても、仏さまは私のことを見ていてくださると思えば、努力も続けられるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
わか

わか

チューリップ企画コールセンターのわかと申します。 静岡の温暖な気候の中で育ったせいか、のんびりと構えていることが多く、周囲からはよく「いつも安定しているね」と言われます。 日常の様々な出来事を物語化することが好きです。学生時代、家ではほとんどの時間を机の前で過ごし、ノートに散文を書きためる日々を過ごしていました。そんな小さい頃からの癖で、日常の出来事を無意識に観察していることがあり、見ているうちに周囲の人間関係も客観的に把握することができるようになりました。 今まで見てきた人間関係、自分自身の悩んだ経験や、日々の電話応対の中でのお客様の声などを通して、皆様の悩みに寄り添える記事を書いていきたいと思います!
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事