任せたいけど任せられない人へ 一番の原因は自分の心にあります(1)

あさだ よしあき

『いつも忙しそうにしている割に、あまり成果が出せていない人』
『いつも余裕があるのに、多くの仕事をこなし、成果をバンバン出している人』
その違いは、どこにあるのでしょう。

いろいろな要因があると思いますが、仕事は一人でしているのではなく、チームで行っていますので、
「どれだけ自分の周囲の人の力を生かせているか」
これが大きな要因として考えられます。
これを 『 任せる力 』と呼びたいと思います。

他人に任せることは、簡単なように見えて、実は難しいのです。

失敗すると、かえって自分を忙しくさせることにもなりますので、任せたいけど、任せられず、結局、他人に任せずに、自分でそのままやってしまう人も少なくありません。

この『 任せる力 』を身につけるには、「 技術 」だけでなく「 メンタル 」も非常に大事になります。
「 技術 」だけなら短期間に身につくのでしょうが、「 メンタル 」もありますので、身につけるのが難しいのです。

『 任せる力 』を身につけるには、「 メンタル 」と「 技術 」の両方が必要です。

1章 「メンタル」
2章 「何を任せるか」「任せる目的」
3章 「任せる相手」
4章 「任せる技術」(自分の仕事を整理整頓する)
5章 「任せる技術」(引継の方法)

この順番で説明していきたいと思います。

 

目次

  • 「任せる」とは
  • 私たちは、いろいろなものを任せてきた、また、任せている
  • 任せたいけど任せられない壁は心の中にある
  • まとめ

 

「任せる」とは

「忙しい」「時間がない」、社会人の一番の口癖と言われます。
1日24時間、これは、すべての人に平等に与えられた資産です。

「忙しいからできない」「時間がないからできない」と言っていることをやろうとするならば、1日24時間が、25時間、26時間になりませんので、今、やっている何かを

「やめる」「減らす」「効率化する」「他者に任せる」

いずれかを実行して、時間をつくることになります。

「やめる」ことで問題ないなら「やめる」がよいですが、そういうことはすでにやめた前提で考えたいと思います。

「減らす」「効率化する」は、自分の努力次第なので、比較的、簡単ですが、ある程度の時間しか捻出できません。

それに対して「他者に任せる」は、任せた後は、チェックは必要ですが、かなりの時間がフリーになります。

「他者に任せる」ことができるかできないかで、自分のできることが相当、変わってきますので、「任せる力」は、大変、素晴らしい力です。

 

私たちは、いろいろなものを任せてきた、また、任せている

機械に任せる

科学の進歩は、私たちに、自由になる時間を生み出したといえます。
電気、ガス、水道の整備、洗濯機、掃除機、炊飯器、食器洗い機、ルンバ
人間がやっていた家事を機械に任せていく。
昔の人に比べて、機械に任せることで、自由になる時間が生み出されました。
これからも生み出していくことでしょう。

他者に任せる

タクシーを使えば、運転・車の管理を任せていることになりますし、時間をお金で買っているともいえます。
昔に比べて、お金を出せば、いろいろな代行サービスを受けることができます。
これも任せているといえます。

一人暮らしの人がペットを飼って、寂しさを癒している人もあります。

部活動で部長をやっていた人が、学校を卒業するので、後輩に、部長職を引き継ぐ。

これも「任せる」の一つです。

 

任せたいけど任せられない壁は心の中にある

私たちは、いろいろなものを任せてきました。
余りお金がかからない、手間もかからない、簡単に任せられることなら、任せます。

また、強制的に任せざるをえないなら任せます。
異動・退職による引き継ぎは、任せざるをえません。
その逆に、簡単に任せられない、強制力が働かないことは、なかなか、任せられません。

・お金が相当、かかってしまう。
・他の人に任せるのに、手間がかかる、面倒くさい
・まだ任せなくても、自分がやればいい

このようなことは、任せようと思うでしょうか。
任せようと思っても、いつも後回しにしてしまうのではないでしょうか。

今まで任せていないことを、任せようとするのは、思ったほど、簡単ではないのです。
任せようとすると、壁にぶちあたります。

その壁は、実は、心の中にあるのです。

 

まとめ

・『任せる力』を身につけるには「メンタル」と「技術」が必要
・任せようとすると、なかなか任せられない。その壁は心の中にあります。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログのお手伝いをしています「あさだ よしあき」です。
テニスとスタバで読書をこよなく愛しています。
将棋の羽生さんに、パッと見、似ているかもしれません。

事務を効率的にスムーズにできるようになりたい、もっと時間をうまく使えるようになりたい、続けるのが苦手から変わりたい、もっと効率よく勉強できるようになりたい、うまく任せられる「任せる力」を身につけたい

そんな方の悩みを聞いて、夢を実現するお手伝いをしてきました。この経験を活かして、情報を発信していきたいと思います。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop