人に愛される理由は?心がけ一つで誰でもできることだった

九条えみ 九条えみ

こんにちは。こころ寄り添う研究家の九条えみです。

月に何度か参加するセミナーで、時折お会いする60代位の女性がいらっしゃいます。

その方は、何でもないようなことも笑顔いっぱいお話しされ、一緒にいると私もつられて楽しい気持ちになってきます。

会社では、月刊誌『とどろき』のお客様窓口として電話受付をしていますが、57歳の女性読者も人に恵まれ、素敵な人生を歩まれているのだそうです。

人に愛される理由は?

「昨年から始めたボランティアで、 最近、 何人かの人から声を掛けられ親しくなりました。
その中には『どうしても(私と)親しくなりたかった』と言ってくれた同年代の女性の方も居て、すごく嬉しかったです。

周囲に不平不満ばかり言っても何も変わらないけど、自分が笑顔で周囲に接したら、周囲の人達も、それに応えてくれる事に気付かされ、「仏教」を習って良かったとこれも本誌のおかげと本当に感謝しています」

仏教では、幸せになる良いタネまきとして「笑顔」を勧められています。

教えの通りに実行されている姿に感動いたしました。

和顔悦色施と言辞施

笑顔を施すことを、仏教の言葉で「 和顔悦色施(わげんえっしょくせ)」と言います。

優しいほほえみをたたえた笑顔で人に接することです。

笑顔は周囲全体を和ませ、トゲトゲしい対人関係をスムーズにします。

優しい気持ちで笑顔をすると、出てくる言葉も優しい言葉が多くなりますね。

この優しい言葉をかけるように努めることも、幸せになる良いタネまきだと教えられ、「言辞施(ごんじせ)」と言われます。

笑顔で人に接すること(和顔悦色施)と優しい言葉をかけること(言辞施)は心がけさえあれば誰でもできます。

ちょっとしたことですが、周囲の人に与えるパワーは侮(あなど)れません。

大雪の中で起きた、心温まるエピソードをご紹介します。

笑顔と優しい言葉は元気の源

ある年の冬。

北陸から大阪へ向かう特急列車が、例年にない大雪のため、夜9時過ぎに途中の福井県・今庄駅で動けなくなってしまった。

昼夜を分かたぬ除雪作業も追いつかず、そのまま2日目の夜を迎えようとしていた。

30代の駅員Nさんは、辺りを真っ白に埋め尽くす雪にぼう然としながらも、懸命に除雪に励んでいた。

しばらくして、背後でドンドンという音がして振り返ると、小学生ぐらいの女の子が列車の窓越しに、A4サイズの紙を向けている。

「がんばってくれてありがとう☆

 おしごとがんばってください☆

 ☆みんなより☆」

ニコッとほほえんだ女の子に、Nさんも思わず笑顔を返したという。

女の子の笑顔と励ましのメッセージは、駅員さんにどれほど勇気とパワーを与えたことでしょう。

奮闘のかいあって、特急列車は動きだし、32時間遅れで大阪駅に到着したそうです。

平成30年10月号『とどろき』より)

少女の励ましとニコッとほほえんだ笑顔に、寒さで凍える駅員さんの心は温かくなったことでしょう。

笑顔と優しい言葉を心がければ、周囲の人からも好かれ、自身も明るい気持ちになれるのですね。

笑顔が幸せをもたらすことは、科学的にも分析されています。

和顔愛語でみんな幸せ!(前)|笑顔のチカラを科学します

The following two tabs change content below.
九条えみ

九条えみ

こんにちは、九条えみです。会社では主に電話でのお客様サポートや、仏教月刊誌『とどろき』の朗読版に声を吹き込んでいます。生まれた時からニコニコしていたらしく、母につけられたあだ名は「ころニコ」お餅が笑っているような赤ちゃんでした(笑)心の機微に関心が強く、相手が望んでいる言葉は何だろうか?と自然と考えるようになっていました。感受性が強いのか繊細さに悩むこともありますが、 モットーである「笑顔」と「言葉」を軸にして、同じ悩みを持つ方に寄り添うような記事を書きたいと思います。音楽、オシャレ、効率化が好きです(^^)♪
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop