人間関係のイライラから解放されるために大事な考え方

人間関係は何かと難しいものです。

それは、他人は思い通りにならないからです。

人間関係のイライラから解放されるには、大事なポイントがあります。

人間関係でイライラする理由は

人間関係でイライラする理由は、他人に過度に期待しているからです。

誰かにイライラするときを考えてみると、自分の思い通りにならなかったときではないでしょうか。

「これくらいやってくれて当たり前だろう」と期待していると、やってくれなかった時に裏切られたと腹が立つのです。

相手に何かしてもらおう、相手に変わってもらおうと思う考え方は受け身であり、自分自身を変えるところに目が向いていません。

そもそも「過去と他人は変えることができない。変えられるのは未来と自分だけだ」と言われるように、相手に変わってもらうのはとても難しいことなのです。

人間関係でイライラしないために

人間関係でイライラしないためには、「私がする」という主体性を持つことが大事です。

私がやって当たり前。

それを善意で誰かが手伝ってくれた場合には、「私がやって当然なのに、お手数をおかけして、申し訳ない。ありがとうございます」という感謝の姿勢を持つようにしましょう。

そうすると、自分がするのが当たり前なのですから、他人に期待することもありません。

期待することもありませんから、裏切られて腹を立てることもありません。

もし、誰かが善意で何かをしてくれたときには、そのお心遣いに感謝してお礼を申し上げる。

こうすると、手伝ってくれた相手も喜ぶでしょうし、自分の気持ちも満たされます。

相手が責任を果たさないときは

しかし、他人に期待しないからと言って、他人の好き放題にさせておいては、家庭なら和が乱れますし、職場なら業務に支障が出ます。

自分にも自分の果たすべき役割があるように、相手にも相手の果たす役割・責任があります。

相手が役割や責任を果たさないのに、ただ傍観して放置していては、相手がどんどん信用を無くしていって、相手のためになりません。

そういう場合には、原因を確かめて、相手が実行しやすいようにハードルを下げたり、環境を整えたりしていく取り組みが大事になるでしょう。

人生は他の誰のものでもない。自分の人生ですから、主体的に行動する思考を身に着けていきたいものです。

The following two tabs change content below.
九条えみ

九条えみ

チューリップ企画では、お客様サポートおよびウェブでの情報発信を担当しています。仏教を学んで約10年。仏教の視点からお悩み解消のヒントをご紹介できればと思います。
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事