心がおだやかになる読み物

失敗で落ち込むことがあっても大丈夫|名誉を挽回するたった一つの方法

わか


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
お悩み解消研究家のわかです。

大学生になって初めてのバイトをした時のこと。
バイト初日、日付を勘違いした私は、指定された日の翌日にバイト先に顔を出しました。

バイト先の番号を登録していなかったために電話にも出ず、店長の印象は最悪です。
最初だからと大目に見てもらったものの、この失敗に私は大変落ち込みました。

一度失敗をすると自分はダメだと落ち込むものです。
しかし、それを引きずっていては、事態はもっと悪い方向へ行ってしまいます。

今回は、失敗した時に名誉を挽回する方法を考えたいと思います。

失敗に落ち込むのはなぜ?

そもそも、失敗によって落ち込むのはなぜなのでしょうか?

失敗すると、大なり小なり周りの人に迷惑をかけることがあります。
そうなれば当然その人からの印象は悪くなるでしょう。
ですから、自分の評価が落ちてしまったとか、相手からの信用を失ってしまったとか、そういったことで落ち込むのです。

失敗してしまった自分はダメなんじゃないかと思ってしまうのですね。

落ち込んでいても結果は変わらない

失敗しても落ち込むことなくケロッとしている人がいたらそれはそれで問題です。
周りからは反省していないと思われるでしょう。

ですから、失敗して落ち込むのはある意味正しい反応です。
ただ、その落ち込みをずっと引きずっていても問題は何も解決しないのです。

一度の失敗で、ダメなやつだと突き放す人は少ないと思います。
失敗してしまった後ですべきなのは、同じ失敗を繰り返さないようにすることです。

失敗は成功の入り口

失敗をするのは必ずしも悪いことではありません。
「失敗は成功の母」と言われますが、失敗から学べることもたくさんあります。

失敗を成功に変えるために必要なことは、反省です。
仏教では反省のことを「禅定(ぜんじょう)」と言われます。
「禅」はしずめる、「定」はさだめるという字です。
心を落ち着けて、自分の行いを振り返ることです。

失敗に落ち込んでいるときは、心が散り乱れていますから、冷静な判断ができません。
時間をおいて、少し落ち着いてきた時に、何が悪かったのかを振り返って、原因を突き止め、対策を立てるのです。
そうすれば、同じ失敗をすることは少なくなるでしょう。

名誉を挽回するたった一つの方法

失敗をして落ち込むのは謝罪の1つの形かもしれません。
しかし、落ち込むばかりでは失った名誉を挽回することはできません。

バイトで失敗してしまった後、私はバイトの日をよく確認して手帳に記入するようにしました。
早く仕事を覚え、バイトの時間は一生懸命仕事をし、時間に遅れたり、休んだりすることはしませんでした。
最初こそ失敗してしまいましたが、その後は名誉挽回できたのではないかと思います。

迷惑をかけた相手が私に対して求めているのは、ただの謝罪ではないのではないでしょうか。
名誉を挽回するために必要なたった一つのことは、反省をし、同じ失敗を繰り返さないことでしょう。

まとめ

失敗をすると、誰でも落ち込むものです。
しかし、落ち込むばかりでは、周りからの評価は変わりません。

失敗をした時に必要なのは、反省をして、対策を立てることです。
同じ失敗を繰り返さない努力をすることが、名誉を挽回するたった一つの方法なのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
わか

わか

チューリップ企画コールセンターのわかと申します。 静岡の温暖な気候の中で育ったせいか、のんびりと構えていることが多く、周囲からはよく「いつも安定しているね」と言われます。 日常の様々な出来事を物語化することが好きです。学生時代、家ではほとんどの時間を机の前で過ごし、ノートに散文を書きためる日々を過ごしていました。そんな小さい頃からの癖で、日常の出来事を無意識に観察していることがあり、見ているうちに周囲の人間関係も客観的に把握することができるようになりました。 今まで見てきた人間関係、自分自身の悩んだ経験や、日々の電話応対の中でのお客様の声などを通して、皆様の悩みに寄り添える記事を書いていきたいと思います!
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事