好かれる人になるには何が必要?ポイントは「何を優先するか」


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
お悩み解消研究家のわかです。

誰でも、嫌われる人よりは好かれる人になりたいと思います。
しかし、現実には人間関係で苦労している人が多いかもしれません。

好かれる人になるために大切なこととはいったい何でしょうか。

好かれる人は居心地のいい人

まず、好かれる人がどういう人かを考えてみましょう。

好かれる人というのは、一緒にいて楽しかったり安心できる存在なのではないでしょうか。
自分にとって居心地のいい人、ということです。

逆に、一緒にいて疲れる人や安らげない人とは一緒にいたくありません。
なるべくなら離れていたいと思うでしょう。

好かれる人になるには、周りの人にとって居心地のいい存在になることが大切なのです。

居心地のいい人になるには

居心地のいい人を見ていると、他人を優先できている人が多いと感じます。
いつも周りの人への気配りを忘れていないから、安心してそばにいられるのです。

自慢話をしたり、陰口を言ったり、うまくいかないことがあるとすぐ不機嫌になったりする。
このような人は嫌われ、人が離れていくでしょうが、それはいつも自分が優先だからです。

他人のことなんて気にしない、自分さえ楽しければいい。
その思いを貫くと、結局孤独になっていきます。

ですから、居心地のいい存在になるには、他人を優先する考え方が大切なのです。

他人を優先するには努力が必要

「好かれるかどうかは、もともとの性格が大きい」と考える人もいるかもしれません。
暗い性格の自分が好かれる人になれるわけがないと思っている人もきっといるでしょう。

もちろん性格の影響はあるでしょうが、どう行動するかは意識すれば誰でも変えていけるはずです。

仏教を説かれたお釈迦様は、人間には誰しも自分を優先したい心があると教えられています。
だからこそ、他人を幸せにするよう努力していかなければならないと自利利他(じりりた)の精神を勧められているのです。

努力次第で、考え方や行動は変えていけます。
まずは他人を思いやって行動することが好かれる人の第一歩ではないでしょうか。

まとめ

私たちはみんな、好かれる人になりたいと思っています。
しかし、好かれる人になるのはなかなか難しいことです。

それは、私たちに自分を優先したい心があるからでしょう。
自分さえよければいいという思いで動くと、結局孤独になってしまうのです。

好かれる人になるには、他人を優先する考え方が大切ではないでしょうか。
私も心がけていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
わか

わか

チューリップ企画コールセンターのわかと申します。 静岡の温暖な気候の中で育ったせいか、のんびりと構えていることが多く、周囲からはよく「いつも安定しているね」と言われます。 日常の様々な出来事を物語化することが好きです。学生時代、家ではほとんどの時間を机の前で過ごし、ノートに散文を書きためる日々を過ごしていました。そんな小さい頃からの癖で、日常の出来事を無意識に観察していることがあり、見ているうちに周囲の人間関係も客観的に把握することができるようになりました。 今まで見てきた人間関係、自分自身の悩んだ経験や、日々の電話応対の中でのお客様の声などを通して、皆様の悩みに寄り添える記事を書いていきたいと思います!
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事