仕事帰りに立ち寄れる移動映画館|夜間開催で心ゆくまで交流

わか わか


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
チューリップ企画スタッフのわかです。

私が大学生の頃は比較的自由な時間が多かったので、昼間に出かけることがよくありました。
しかし社会人になると、平日の日中は仕事ですから、なかなか出かけるということもできませんよね。

これまで移動映画館での上映会は、日中に開催されることがほとんどでした。
そうすると、日中に仕事に出ている方はなかなか参加することができません。

ぜひ、そういう方々にも移動映画館に足を運んでいただきたい!
そんな思いから、移動映画館の夜間開催が実現しました。

今回は、夜間に開催された移動映画館の上映会の模様をお伝えします。

目次

  • 移動映画館夜間開催の喜びの声
  • 移動映画館招待の思い
  • 夜間開催だからこそ
  • まとめ

移動映画館夜間開催の喜びの声

この日、移動映画館は日の暮れかかった時間に石川県能美市の会場に到着。
夜間の開催ということもあり、移動映画館には仕事帰りの会社員の方などが続々と集まってきました。

移動映画館では、「家庭の仏事」や「親鸞聖人とはどんな方?」というテーマの解説映像を上映。
参加者からは仏教に関する様々な質問が飛び交っていました。

参加された60代の男性は、

なぜ生きるの答えを知りたいと思い、移動映画館に来ています
ここでは、テーマごとに詳しく聞けるので、続けて通いたいです」

と話していました。また、30代の会社員は、

「仕事帰りに寄れるのはありがたいです。
普段お会いできない幅広い年代の方と話ができ、交流の輪が広がりました

と笑顔を見せていました。

移動映画館招待の思い

今回、移動映画館を招待された元市議の男性は、ご自身が映画に感動されたことをきっかけに、多くの人に映画を鑑賞してもらいたいとの思いがあったといいます。
そこで、今回移動映画館を能美市に招待され、開催にも協力してくださいました。

男性は、近郷近在のお寺の世話もされているそうです。
最近の『墓じまい』や『寺離れ』といった動き、寺への参詣者が少ないことを残念な気持ちで見ておられました。

「昔と比べたら物は豊かになりましたが、心は貧しい。
親鸞聖人のご生涯を皆さんに知ってもらい、心豊かになってほしいと願っています

移動映画館で教えを学ばれ、皆さんにとって仏教がより身近になるお手伝いができれば嬉しく思います。

夜間開催だからこそ

移動映画館で上映会をしていると、「もっと仏教について知りたい」「ゆっくり話を聞きたい」という要望があがります。
日ごろ仕事や家庭のことで忙しくしていると、なかなかゆっくり腰を落ち着けられないのかもしれません。

今回夜間に上映会を開催したことで、皆さん、時間を気にせず心ゆくまで語り合うことができたようです。
移動映画館の中では、夜更けまでにぎやかに語り合う光景が見られました。

人と楽しく語り合うことで、元気をもらい、また翌日からも明るい気持ちで過ごせます。
そんな心の拠り所となることができたら、私たちも嬉しいです。

まとめ

移動映画館では様々な試みがなされています。
今回の夜間開催もその一つです。

皆さんが仏教を学ばれ、毎日を明るく過ごされるにはどうしたらよいか、スタッフは日夜工夫を重ねています。
これからも、参加された方が「来てよかった」と思われるような行事を開催していきたいと思います。

The following two tabs change content below.
わか

わか

チューリップ企画コールセンターのわかと申します。
静岡の温暖な気候の中で育ったせいか、のんびりと構えていることが多く、周囲からはよく「いつも安定しているね」と言われます。
日常の様々な出来事を物語化することが好きです。学生時代、家ではほとんどの時間を机の前で過ごし、ノートに散文を書きためる日々を過ごしていました。そんな小さい頃からの癖で、日常の出来事を無意識に観察していることがあり、見ているうちに周囲の人間関係も客観的に把握することができるようになりました。
今まで見てきた人間関係、自分自身の悩んだ経験や、日々の電話応対の中でのお客様の声などを通して、皆様の悩みに寄り添える記事を書いていきたいと思います!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop