職場の人間関係がギスギスするのはなぜ?|ギスギスした職場が改善する「言辞施」

九条えみ 九条えみ

「まずは共感から」を大切にしている、人間関係改善サポーターの九条えみです。

突然ですが、あなたの職場は働きやすいですか?それともギスギスしていて何となく居心地が悪いですか?
何となく居心地が悪いと思った方は、人間関係に悩んでいるという人が多いでしょう。

調査によると、仕事におけるストレスの第1位は「職場の人間関係」です。
2人に1人が、職場の人間関係にストレスを抱えているのです。
(参考:調査報告 あなたの仕事のストレスは何ですか? | アデコ株式会社

今回は、ギスギスした職場の人間関係を好転させるヒントをご紹介します。

 

目次

  • 職場の人間関係がギスギスする一因は「たった一言」にあり
  • 「たった一言」 でマナー向上
  • ふだん職場で使われている言葉は?
  • ギスギスした職場の人間関係を好転するブッダの智恵
  • まとめ

 

職場の人間関係がギスギスする一因は「たった一言」にあり

職場がなんとなくギスギスしているように感じることはないでしょうか。

露骨な罵倒や、 陰湿な嫌がらせがあるわけではないのに、どことなく他人行儀で質問や依頼がしにくいという雰囲気。
相談やミスを打ち明けることができなくて、 事態が明るみになったころには大きな損害が出ていた…なんてこともあります。

円滑に業務を進めるためにも職場の人間関係は重要です。
メンタル面から見ても、1日の大半を過ごす職場でいつもビクビクして意見が言えないようでは必要以上に疲れてしまいますよね。

では、ギスギスした雰囲気が漂う一因はどこにあるのでしょう?

実はたった一言、付けるか付けないかがカギになっているのです。

「えっ?そんなことで!?」と思われるかもしれませんが、たった一言を付け加えるだけで人間関係に与える影響をこんなユニークな取り組みで証明しています。

 

「たった一言」 でマナー向上

アメリカのバージニア州にあるカフェ。

横柄な態度の客が来るたびに、店の雰囲気も悪くなり他のお客の迷惑にもなっていたそうです。

そこでこんな看板を出してみました。

(画像の引用:http://imgur.com/PAMrvHG

「コーヒーSサイズ」5ドル
「コーヒーのSサイズをください」3ドル
「こんにちは。コーヒーのSサイズをください」1.75ドル

そっけない言葉を使うと高くなり、丁寧になるほど安くなるのです。効果は抜群で、店側も驚くほどだったそうです。

私自身、たった一言の重みについてこう教えていただきます。

一言かけるか、かけないか。
 どんな言葉を言うか、言わないかで、
 人間関係が大きく変わる

チューリップ企画では主に電話によるお客様サポートをしていますが、たったの一言でお客様に不快感を与えたり、反対に感謝されたりするので、相槌を打つ時でも神経を使います。

 

ふだん職場で使われている言葉は?

職場でギスギスしているなぁと感じるとき、社内で使われている「言葉」に注目してみてはいかがでしょう。

たとえば…

  • 呼びかけても返事がない
  • 何かしてもらったときにお礼がない
  • 切羽詰まっている人に気遣う一言がない
  • 依頼するときに「じゃ、これやっておいて」などと、ぶっきらぼうに言う
  • 依頼されたときに「えっ」と、嫌がる言葉が出る

返事やお礼を言うか言わないか、どんな言葉を使うかは些細なことのように思いますが、嫌な感じを与えてしまうものです。
たった一言によって人間関係が大きく左右されるのですから、良くなるように努めていきたいものですよね。

 

ギスギスした職場の人間関係を好転するブッダの智恵

人々の悩みに応じて教えを説かれたブッダは 「言葉一つで相手を喜ばせることができるのだよ」と言辞施(ごんじせ)を勧められています。

言辞施(ごんじせ)とは、
優しい言葉をかけるように努めることです。
心からの優しい言葉は、どんなに相手を喜ばせるでしょうか。
それほど計り知れない力があるのです。

たとえば職場で 言辞施(ごんじせ)を実践するならこうなるでしょう。

・依頼する時
まず、相手の状況を気遣い、任せても大丈夫か確認する。
「○○さん、毎日遅くまで仕事がんばってるね。体調は大丈夫?
忙しくしているところ更に仕事を増やしちゃうけど、来週までに会議の資料を作成してもらえないかな。どう?できそうかな?」
こうお願いされれば、悪い気は起こらないと思います。

・何かしてもらった時
相手の労力に対して心からお礼を述べる。
「頼んでた仕事をもうしてくれたんだね、早いね!
昨日、休憩もそこそこに仕事をしていたのはこのためだったのかな。
○○さんは責任を持って、しかも丁寧に仕事をしてくれるから本当に頼もしいよ」
こうお礼を言われれば、もっと頑張ろうとやる気に繋がりますね。

言辞施に心がけて相手も喜び、自分も喜ぶ関係性を作りたいものです。

まとめ

  • 職場がギスギスする一因は「たった一言」にあります。
  • 一言かけるか、かけないか。どんな言葉を言うか、言わないかで、人間関係が良くも悪くもなります。
  • 優しい言葉をかけるように努めていきましょう。

働きやすい職場はたった一言から作ることができます。ぜひ今日から始めてみてはいかがでしょうか。

(関連記事)

ギスギスした職場では、本来の自分を抑えて仮面を被っていないでしょうか?

その仮面を外すことができたら、仕事の生産性も上がるというグーグルの研究結果が出ています。

職場で仮面を被っていませんか?|生産性を高める「心理的安全性」とは

 

こちらもおすすめです。↓↓↓

言辞施(ごんじせ)は「人間関係がうまくいかない」を変える秘訣

定年後の生活を幸せに過ごすために誰でも実行できること

 

 

The following two tabs change content below.
九条えみ

九条えみ

チューリップ企画の九条えみです。主に電話でのお客様サポートや『朗読版とどろき』の吹き込みを行っています。

生まれた時からニコニコしていたらしく、母につけられたあだ名は「ころニコ」お餅が笑っているような赤ちゃんでした(笑)真ん中っ子の私は、上も下の気持ちも分かるので、どんな言葉が相手に喜ばれるか自然と考えるようになっていました。感受性が強いのか繊細さに悩むこともありますが、 モットーである「笑顔」と「言葉」を軸にして、同じ悩みを持つ方に寄り添うような記事を書きたいと思います。音楽、オシャレ、効率化が好きです(^^)♪
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop