【アドラー心理学】他人に振り回される原因と人生の目的の見つけ方

九条えみ 九条えみ

こんにちは。こころ寄り添う研究家の九条えみです。

先日、アドラー心理学の講座に参加しました。

アドラー心理学では、対人関係のトラブルは課題の分離ができていないことが原因だそうです。

アドラー心理学「課題の分離」

「およそあらゆる対人関係のトラブルは、
他者の課題に土足で踏み込むことー
あるいは自分の課題に土足で踏み込まれることー
によって引き起こされます。
課題の分離ができるだけで、対人関係は激変するでしょう」

課題の分離とは、課題の所在をハッキリさせることです。

たとえば、妻の機嫌が悪いときに、「何か気に障るようなことを言ったりやったりしたのだろうか?」と 夫が責任を感じてしまったとします。

しかし、アドラー心理学では夫が責任を感じてはいけないと言います。
なぜなら、不機嫌でいるか、上機嫌でいるかは妻の問題であり、妻の課題を勝手に背負うから夫が苦しくなるのだといいます。

課題の所在をハッキリさせる基準は
課題に取り組まずに苦しむのは誰か?
課題への決定権は誰にあるか?
を考えることだそうです。

他者の課題に振り回される意外な原因は?

参加者の中に「自分が悩んでいたことは、実は他人の課題だったと初めて分かり気持ちがスッキリした」という方がありました。

気遣いができ、他人の感情に敏感である人ほど、相談や頼みごとを引き受けやすく、その結果、他人の課題に振り回されてしまうのでしょう。

その話題が出た時に、コーチングの資格を持っているある女性が、ふと言った言葉が心に残りました。

他人の課題に振り回される原因は、実は、自分の課題がハッキリしてないから。
 自分の課題が曖昧だから、すぐに他人に振り回されるの

盲点だったなぁとストンと心に落ちました。

たしかに、名を遺す偉人は自分の課題がハッキリしている人ばかりです。

世の人は我を何とも言わば言え
我が成す事は我のみぞ知る(坂本龍馬)

自分でできることやすべきことを
その人の代わりにしてあげても
本当の助けにはならない。(リンカーン)

自分の課題の見つけ方

自分の人生を生きるために、自分の課題をハッキリさせることが大事だということが分かりました。

自分の課題とは、言い換えれば「人生の目的」とも言えましょう。
人生の目的が分かれば、生き方の基準ができます。
基準ができれば、行動がしやすくなります。

目的地がハッキリしていれば、そこに合わせて移動手段を選びやすくなるようなものです。

人生の目的を見つける重要な手がかりについて、スティーブ・ジョブズは次のスピーチを残しています。

人生を左右するわかれ道を選ぶ時、一番頼りになるのは、いつかは死ぬ身だと知っていることだと思います。

ほとんどのことが―周囲の期待、プライド、ばつの悪い思いや失敗の恐怖など―そういうものがすべて、死に直面するとどこかに行ってしまい、本当に大事なことだけが残るからです。

スティーブ・ジョブズは若い頃から仏教に関心を持ち、日本で僧侶になろうかと真剣に考えたほど、熱心に学んでいたそうです。

仏教では「生死一如(しょうじいちにょ)」という言葉があります。生きることと、死ぬことは、紙の裏表のようなもので切り離せるものではない、ということです。

人生の目的を見つけるときに「死」を考えることは重要な手がかりとなるようです。

「自分の死」を考えると、自分の生き方が見えてくる

The following two tabs change content below.
九条えみ

九条えみ

こんにちは、九条えみです。会社では主に電話でのお客様サポートや、仏教月刊誌『とどろき』の朗読版に声を吹き込んでいます。生まれた時からニコニコしていたらしく、母につけられたあだ名は「ころニコ」お餅が笑っているような赤ちゃんでした(笑)心の機微に関心が強く、相手が望んでいる言葉は何だろうか?と自然と考えるようになっていました。感受性が強いのか繊細さに悩むこともありますが、 モットーである「笑顔」と「言葉」を軸にして、同じ悩みを持つ方に寄り添うような記事を書きたいと思います。音楽、オシャレ、効率化が好きです(^^)♪
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop