誰も教えてくれない「老いとは何か?」|60代の驚きのエピソード

みさき みさき

 

こんにちは。”伝わる”技術研究家のみさきです。

下記のエピソードは、旅行会社に勤める60代後半の管理職の男性の体験談です。

「老い」とは誰しもが目を背けたくなることですが、人生を真面目に考えるキッカケとなる、心に響く驚くべき内容でしたので、紹介いたします。

「老いとは何か」を自覚させられた60代後半男性の話

ある日の夕方、電車に乗った私は、ドア近くのつり革を掴(つか)んでぼんやり窓の外を眺めていた。

「あの」と私に声をかける男性の声がしたので振り返ると、中学生くらいの男の子が小さな声で言ってきた。

「あそこの席に座ってください」

男の子が指さす先を見ると、そこはお年寄りや妊婦の方が優先される「優先席」。

そこに座っていたらしい男の子が、老人が立っていると思って譲ってくれたのだ。

「優先席」であると分かった時、それまで味わったことのないショックを受けた。

「自分は老人扱いをされるほど老いたのか」と。

唖然として、すぐに「ありがとう」と言葉が出なかった。

譲った席に座っても、まだショックが癒えず、これからの人生、どうしようかと考え込んでしまった。

「あの子はただ席を譲ってくれたというより、もっと深刻な何かをこちらに伝えてくれたのかもしれない」と今では思うようになった。

初めて年寄り扱いされた男性は、ぼんやりと遠く眺めていた「老人」が、自分の姿であることを突きつけられ、ショックだったのだと思います。

初めて「老い」を気付かされた60代女性の話

またこんな話も聞いたことがあります。ある60代の女性が言われていた話です。

その方は独身で、仕事もほかの男性以上にバリバリこなす、かっこいい女性なのですが、最近、4歳くらいの女の子が自分を指さして「あのおばあちゃんがね」と、その子の母親に話しているのを見てショックを受けたそうです。

「もうおばあちゃんなんだ」と愕然としたとのこと。

私も聞いていて驚きました。その女性は、とてもおばあちゃんという雰囲気には感じないからです。

しかしおそらくその4歳の女の子には、60代くらいのお祖母ちゃんがいて、その女の子の目からすると、60代の女性は「おばあちゃん」に見えたのでしょう。

まだ第一線で働いている多くの60代の方は、普段仕事も忙しく、若い人と一緒に仕事をしているので、老いる現実には目を向けられずにいますが、周りから「おじいちゃん」「おばあちゃん」と見られてしまうことで、はじめて自分の老いに気づかされ、戸惑いを覚えるようです。

 

最近は医学も発達し、アンチエイジングの技術も向上し、簡単に髪も染められます。

また、人生100年時代の到来と言われるようになりましたので、60代はまだ働き盛りです。

60代の方々を高齢者というのは失礼な時代です。

しかしやはり徐々に老いは忍び寄り、その最初の兆候は第三者からの客観的な評価です。

「おじいちゃん」「おばあちゃん」扱いされることで、初めて自分の老いに気づかされるのです。

29歳で「老い」の問題に驚いたブッダ

「老い」はいつかは向き合わなければ問題です。

人生という旅の行く先に待ち構えているのが「老い」であり、さらに「病」と「死」という問題です。

この「老」「病」「死」にどう向き合っていくか、真剣に取り組まれたのがブッダです。

ほとんどの人がかたくなに目を背ける「老い」と「病」と「死」に、いかに仏教が真面目に見つめているか、よくわかるブッダの例え話があります。

ブッダの『人間の実相』というたとえ話です。

私はこれを聞いた時に「なんてごまかしのない教えなんだろう」と思いました。

ロシアの文豪・トルストイも『人間の実相』を知り、「これ以上人間の姿を赤裸々に表した話はない。単なる作り話ではなく、誰でも納得のゆく真実だ」と称賛しています。

関心ある方はこちらをお読みください。

「命」とは私に与えられた時間それをブッダはたとえ話で教えている

The following two tabs change content below.
みさき

みさき

はじめまして。みさきです。
10年間、コンサルティングの仕事を通して学生から同年代、年上の方まで多くの方々とお話してきました。退職をして奥さんといる時間が増え、夫婦関係が上手くいかないと悩んでいる人、子供が何で悩んでいるかが分からないなど……。人間関係で悩んでいる人が多いことを知り、コミュニケーション力について学ぶようになりました。
ブログを読んだ方の心が少しでも軽くなる一助となれば、嬉しいです。
現在は「動画で学べる仏教」の制作をしています。
好きなことは、アイデアを組み合わせて新たなアイデアを作ること。砂糖を使わないスイーツ作りです。どうぞ宜しくお願いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop