「勉強時間を増やす」前に「勉強密度を上げる」(3)

あさだ よしあき

「勉強時間を増やす」前に「勉強密度を上げる」(3)
~ 誘惑に負けるな ~

試験合格請負人のあさだです。

勉強といいましても、私は、以下のような掛け算で考えています。

(勉強成果)=(勉強時間)×(勉強密度)

とかく、勉強時間を増やすことばかり考えてしまいますが、それは、大事なのですが、その前に、勉強密度を上げる、発想の転換をしてみては、どうでしょうか。

この発想の転換ができると、

・「時間がない」を言い訳にしなくなります。

・通常よりも、短い時間で資格を取得することが可能になります。

「勉強密度」を上げる方法を教えるのが勉強法なのです。

高い「勉強密度」「集中力」を続けるには、疲れてきたら、気晴らしといって、一休みするのではなく、違う分野の勉強に切り替えましょう。

気晴らしの恐ろしさを知れば、一層、理解できると思います。

目次

  • 気晴らしは誘惑に負けると気晴らしでなくなる
  • 疲れたら「気晴らし」ではなく「切り替え」
  • まとめ

気晴らしは誘惑に負けると気晴らしでなくなる

「集中力」が低い時と高い時では、全く異なります。
高い集中力がずっと続けばよいのですが、どんな好きなことでも、続けていると、疲れて、集中力が落ちてしまいます。

一度、気晴らしといって、休んでしまうと、再び勉強に取り掛かるのが大変です。

一度、テレビの電源をつけてしまうと、なかなか消せません。
一度、マンガを読み始めると、なかなか閉じられません。
一度、ゲームを始めると、なかなかやめられません。
一度、スマホをとってしまうと、なかなか終わりません。
一度、眠ってしまうと、なかなか起きられません。

一度、テレビの電源をつけてしまうと

休憩といって、一度、テレビをつけると、どうなるでしょうか。

特に見たい番組がある訳ではないので、いろいろチャンネルを変えてみます。

一巡して、見たい番組がなければ、電源を消せばよいのですが、また、チャンネルを順番に変えていきます。

テレビのリモコンは、電源オンと電源オフのボタンは同じです。

電源オンの時は簡単に押せますが、電源オフの時はなかなか押せません。

押そうとすると、指がチャンネルのボタンに動いていきます。

ついついだらだら見てしまい、5分10分のつもりが、15分30分と、すぎていきます。

一度、マンガを読み始めると

疲れたからといって、自分の部屋にあるマンガを読み始めると、気晴らしでは済まなくなります。

私の好きなマンガに『SLAM DUNK』(スラムダンク)があります。

井上雄彦による高校バスケットボールを題材にしたものです。

単行本は国内で1億2000万部、出ている人気のマンガです。

思わず、1巻、手にとって、読んでしまうと、大変です。

試合が始まってしまうと、試合が終わるところまで、読まずにおれなくなります。

次の巻、次の巻と読んでいくうちに、あっという間に1時間はたってしまいます。

また、『横山光輝 三国志』も好きです。全部で60巻あります。

諸葛亮孔明は21巻から登場しますが、その辺りから読んでしまうと、蜀建国までいってしまいます。
(マニアックな話になり申し訳ありません)

※大学受験の時は、目に入らないように、封印していました。

一度、ゲームを始めてしまうと

疲れたからといって、ゲームを始めると、なかなかやめられません。

ゲームでもシミュレーションゲーム『三国志』『信長の野望』が好きだった私は、30分と決めて、気晴らしにゲームをしました。

そろそろ30分なので、セーブをしてやめようとした時に、敵国から攻められました!

戦争が始まってしまい、それをやっているうちに、30分で終わる予定が、1時間、1時間30分となり、気が晴れるどころか、落ち込むことになりました。

一度、スマホをとってしまうと

一度、スマホをとってしまうと、なかなか終わりません。

メールの返信をして終わり!と思ったら、すぐに返信が返ってきました。

また、返信すると、また、返ってくる。これを繰り返しているうちに、どんどん時間が過ぎていきます。

ちょっとSNSを見ていると、どんどんスクロールして、どんどんタップして、なかなか読み終わりません。

少しぐらいいいだろうと寝てしまうと

疲れたからといって、眠ってしまうと、起きられません。

人間の睡眠の周期は1時間30分だそうです。

確かに、いわれてみればそうだなと思うことがあります。

勉強していると、眠たくなります。

眠気を我慢したままでは、勉強もはかどりません。

「このまま寝てしまったら、同じ失敗を繰り返すことになる。今日は、寝ないぞ!」

眠気と敵対していたのですが、いつの間にか、敵に懐柔(かいじゅう)されてしまいます。

「そうだね、このまま勉強しても効率が悪いから少し休んでから勉強しよう!」

ちゃんと起きられるように、目覚まし時計や携帯電話のアラームをセットして、眠りにつきます。

人間の睡眠は、15分を過ぎると、深い眠りに入るそうです。

15分で起きられればよいのですが、そこで起きられないと1時間30分コースになります。

そんな経験したことはないでしょうか。

1時間30分で起きられないと、次は3時間コースになります。

3時間でも無理なら、4時間30分コース、気づいたら夜だった、気づいたらもう朝だった。

そうなってしまったら、気晴らしどころか、後悔になってしまいます。

どうしても眠気がつらい時は、15分にしておきましょう。

 

疲れたら「気晴らし」ではなく「切り替え」

このように気晴らしは誘惑に負けると気晴らしどころか、後悔してしまうかもしれません。

高い集中力を続けるには、疲れてきたら、気晴らしといって、一休みするのではなく、違う分野の勉強に切り替えましょう。

勉強する科目を変えるだけでなく、以下のようなこともあります。

・暗記から計算問題へ
・椅子に座って勉強する → 動きながら暗記する
・黙って考える → 暗記のために音読する

疲れたら「気晴らし」ではなく「切り替え」です。

 

 

まとめ

・気晴らしといって、一休みするのではなく、違う分野の勉強に切り替えましょう。
・勉強する科目を変えるだけでなく、以下のようなこともあります。
 暗記から計算問題へ
 椅子に座って勉強する → 動きながら暗記する
 黙って考える → 暗記のために音読する

 

(関連)

→ 勉強法って何?知らないと損する目からウロコの勉強法(1)

→ 試験対策で最も有効な方法「タイムマシン法」(1)

→ 「パレートの法則」は仕事にも勉強にも通じる

→ 暗記が苦手な人でも簡単に暗記「皿回し暗記法」(1)

→ 「勉強時間を増やす」前に「勉強密度を上げる」(1)

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログのお手伝いをしています「あさだ よしあき」です。
テニスとスタバで読書をこよなく愛しています。
将棋の羽生さんに、パッと見、似ているかもしれません。

事務を効率的にスムーズにできるようになりたい、もっと時間をうまく使えるようになりたい、続けるのが苦手から変わりたい、もっと効率よく勉強できるようになりたい、うまく任せられる「任せる力」を身につけたい

そんな方の悩みを聞いて、夢を実現するお手伝いをしてきました。この経験を活かして、情報を発信していきたいと思います。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop