隣の芝生は青い…|人の幸せを羨ましく思う「幸福の実態」とは

みさき みさき


 

こんにちは。”伝わる”技術研究家のみさきです。

「あの人はあんなに幸せそうなのに、どうして私は……」と私たちは、自分の結婚生活や仕事と比べて他人の方が幸せそうに見え、自分の境遇をみじめに思ってしまうことがあります。

今回は、そんな時に知っておきたい「幸せの実態」をテーマに書いてみたいと思います。

「隣の芝生が青い」と感じるのは、遠くから見ているから

私は前の会社で営業職だったのですが、いつも店舗のカウンターで仕事をし、時にはお客さんの家に訪問したりしていました。

結構、営業というのは毎月のプレッシャーがあります。

ノルマといったら言い過ぎかもしれませんが、毎月の目標があり、上司や同僚とは常に「今月はやっと達成できました」「今月はあと一人で達成できる」などの会話が飛び交います。

成績が良ければ、賞をもらえ、ボーナスにも反映されますが、目標が達成できないと、上司から「どうして達成できなかったのか」「これからどうしていこうと思っているのか」と問われます。

また時にはお客さんとの人間関係のトラブルも起きます。

そんな時「この仕事疲れるな」と思ってしまうことがありました。

一方カウンターの奥では、事務職をしている社員がいるのですが、その人たちの穏やかで落ち着いた仕事ぶりを見ながら、「奥の人はいいな、毎日安定していて、毎月安定していて、目標もないし、上司からのプレッシャーもないし」と、羨ましくなることもよくありました。

 

ある日、ずっと事務職だった元同僚が、営業職の方に部署変更になったと連絡があり、食事に行きました。

その彼女が言うには、ずっと営業している人達はいいなと思っていたそうです。

事務職は毎日同じことの繰り返しで、変わり映えがしない仕事で、定時までずっと椅子に座っているので、万歩計をつけていても、2000歩も歩かないとのこと。

営業の人が営業先から「今日は直帰します」と連絡してくるのを、いつもいいなと思っていたそうです。

事務職は事務職の辛いところがあるんだな、とその時に思い知らされました。

人の幸せを羨ましく思う「幸福の実態」とは

「苦しみは、重荷を右肩から左肩へ移すようなもの」といわれます。

左肩に背負っている重いカバンのため、だんだん肩が痛くなり、辛くなってきたので、今度は右肩に移すと、ちょっと楽になった気がします。

ところがしばらくすると、今度は右肩が痛くなってくるようなものです。

「苦は色変わる」で、苦しみは環境が変わっても、色・形を変えるだけで、そこにまた違う苦しみがやってきます。

「隣の芝生は青く見える」とはよく言ったものです。

どうしても私たちは自分の境遇より、他人の境遇の方が良いように思えてしまうのですが、それは私たちが、自分の苦しみには敏感でも、他人の苦しみには鈍感で、その人の苦しみには気づかないだけです。

実際に隣の芝生に行ってみると、「ここにこんな苦しみがあったのか」と、まだ前の場所のほうが良かったとさえ思うものです。

独身時代は「結婚すればこんな苦しみはなくなるのにな」と思い、
結婚すると「独身時代はこんな苦しみはなかったのにな」と思う。

サラリーマンの時は「起業すればこんな思いをしなくていいのに」と思い、
起業すると「サラリーマンの時は安心だったな」と思う。

無いものねだりをどこまでもするのが、人間なのかもしれません。

このように右肩から左肩へ移動するだけで、苦しみのなくならない人間の実態を、仏教では「有無同然(うむどうぜん)」と教えられています。

まとめ

苦しみや悩みが大きい逆境のときに、他人の幸せを見ると嫉妬心が起きてきます。

しかし、華々しい成功をおさめて羨望の的となっているような人も、声を聞いてみると、苦しみの色が異なるだけで憂苦を抱えているようです。

どんな境遇にあっても、苦しみの無くなり切らない人間の実態を「有無同然(うむどうぜん)」といわれ、不安や不満が消えない原因は何なのかが問題になってきます。

The following two tabs change content below.
みさき

みさき

はじめまして。みさきです。
10年間、コンサルティングの仕事を通して学生から同年代、年上の方まで多くの方々とお話してきました。退職をして奥さんといる時間が増え、夫婦関係が上手くいかないと悩んでいる人、子供が何で悩んでいるかが分からないなど……。人間関係で悩んでいる人が多いことを知り、コミュニケーション力について学ぶようになりました。
ブログを読んだ方の心が少しでも軽くなる一助となれば、嬉しいです。
現在は「動画で学べる仏教」の制作をしています。
好きなことは、アイデアを組み合わせて新たなアイデアを作ること。砂糖を使わないスイーツ作りです。どうぞ宜しくお願いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop