【イソップ物語】職場や家庭で協力しあう心がけ

公開日:
最新日:

こころ寄り添う研究家の九条えみです。

「職場で誰かが困っているのに知らんぷり。他部署との連携も取れない」
「情報が共有されておらず、思わぬアクシデントに繋がった」
そんなお悩みはないでしょうか?

また家庭では、奥さんばかりが家事をして夫や子どもは手伝わない、
こういうお悩みはないでしょうか?

職場や家庭で協力し合う心がけについて、当社でお届けしている『月刊なぜ生きる』に連載中の「イソップ物語」からお伝えしたいと思います。

~お互いの役割、立場を尊重してこそ、力が発揮される~

「働かずに、偉そうにしているやつがいるぞ」

体の中の、目、耳、鼻、舌、手、足が、そろって腹の悪口を言いだしました。

「我々は、毎日、それぞれの任務を一生懸命に果たしている。
ところが、腹というやつは、何もせずに、体の真ん中に居座っているじゃないか。
実に、けしからん。今後、腹の言うことに従わないようにしよう」

と、話がまとまったのです。

彼らは、そろってストライキを決行しました。

足は台所へ歩いていこうとしません。
手は食べ物を口へ運ぼうとしません。
やがて、おなかがグーグー鳴りだしました。

腹が苦しんでいるのを見て、「いい気味だ」と、皆、笑っていました。

しかし、日がたつにつれて、事情が変わってきたのです。

目はボーッとかすんできます。
耳も遠くなってきました。
手も足も、力が入らず、だるくてしかたがありません。

体が倒れそうになって初めて、手や足は自分たちの誤りに気づいたのです。

「我々が、元気に動くことができたのは、腹が、毎日、栄養を送ってくれていたからだ。
外見だけで判断していた自分たちが間違っていたんだ。もう仲直りしよう」

どんな役目であっても、各器官が、忠実に任務を実行してこそ、健康が保てるのです。

これは人間の体においてだけではなく、家庭でも、会社でも、あらゆる組織において、同じことがいえます。

お互いの役割、立場を尊重し、協力し合うことが大切なのです。

『月刊なぜ生きる』令和2年2月号より)

『月刊なぜ生きる』の情報を【公式】『月刊なぜ生きる』でも発信しています。

The following two tabs change content below.
九条えみ

九条えみ

チューリップ企画では、『月刊なぜ生きる』お客様サポートおよびウェブでの情報発信を担当しています。仏教を学んで約10年。仏教の視点からお悩み解消のヒントをご紹介できればと思います。
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事