心がおだやかになる読み物

原因と結果の関係を正しく見ていますか?|他人の言動に惑わされない生き方(後半)

わか
2019年1月23日


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
お悩み解消研究家のわかです。

私たちの心は外からの働きかけによって動き出します。
ですから、他人の言動をきっかけに不安になったり、イライラしたりということが出てきます。

他人の言動に惑わされずに生きるためにはどうしたらよいのでしょうか。
前回は原因と結果の関係について紹介しました。
今回は、前回に引き続き、原因と結果の関係から見ていきたいと思います。

あなたを惑わせている本当の原因

前回、自分の行いと縁が結びついて結果が生じるという因果の道理をご紹介しました。

仏教では、1つの例外なくすべての結果は自業自得だと教えられています。
これは悪い意味にばかり使われる言葉ですが、業とは行いのこと、得とは自分が受ける運命のことです。
つまり、自業自得とは、自分のした行いが自分の運命を生み出しているということ。
ですから、善いのも悪いのも、自分に来た結果はすべて自業自得なのです。

そう考えると、「惑わされている」という結果の原因も自分自身にあることになります。
あなたを惑わせている本当の原因は他の誰でもなく自分自身の中にあるのです。

他人はあくまでも縁

では、私が惑わされていることに他人はまったく関係ないのでしょうか?
とてもそうとは思えないでしょう。
もちろん、他人が全く関係ないということではないのです。

前回の内容で言えば、他人は縁です。
他人を気にしすぎてしまう私の心と、他人の言動という縁が合わさって、惑わされるという結果が生じます。
惑わされないためには、因か縁かを変える必要があるでしょう。

他人ではなく自分を変える

因を変えれば、縁は変わらなくても結果が変わります。
縁を変えれば、因は変わらなくても結果が変わります。
どちらかを変えれば結果は変えられるのです。

では、どちらを変えるべきでしょうか。
私たちはついつい他人に変わってもらうことを望んでしまいますが、他人を変えるのはとても難しいことです。
余計に労力がかかって疲れる一方かもしれません。

対して、自分の行動を変えるのは心がけ一つですから簡単です。
他人に変わってほしいと願うより、自分で行動を起こした方が時間も労力もかけずに済むのではないでしょうか。

惑わされないために大切なこと

他人の評価を気にしすぎると、一つ一つの言動に対して惑わされてしまいます。
しかし、他人の評価が必ずしも正しいわけではありません。

どんなことも、未来を作っていくのは自分自身です。
他人は私のことに対して好き勝手言っていても、責任はとってくれません。
最終的な決定権は、私にあるからです。

「3人から同じことを言われたら直した方がいい」と言われるように、他人の言動で参考にすべき点もあるかもしれませんが、すべてを受け取って悩む必要はないのではないでしょうか。
一番大切なのは、他人がどう思うかということではなく、自分が何をしたいかということなのです。

まとめ

仏教の因果の道理では、すべての結果はよいのも悪いのも自業自得だと教えられます。
ですから、私が惑わされているという結果の原因も実は私の中にあるのです。

他人の言動はあくまでも縁ですから、参考程度に受け取るぐらいでよいと思います。
まず、自分自身がどうしたいのかをよくよく見つめていくことが大切なのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
わか

わか

チューリップ企画コールセンターのわかと申します。 静岡の温暖な気候の中で育ったせいか、のんびりと構えていることが多く、周囲からはよく「いつも安定しているね」と言われます。 日常の様々な出来事を物語化することが好きです。学生時代、家ではほとんどの時間を机の前で過ごし、ノートに散文を書きためる日々を過ごしていました。そんな小さい頃からの癖で、日常の出来事を無意識に観察していることがあり、見ているうちに周囲の人間関係も客観的に把握することができるようになりました。 今まで見てきた人間関係、自分自身の悩んだ経験や、日々の電話応対の中でのお客様の声などを通して、皆様の悩みに寄り添える記事を書いていきたいと思います!
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事