他人に頼みごとをするのが苦手…|無理なく人に頼るための3つの方法


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
お悩み解消研究家のわかです。

「人に頼ることは大事なことだとわかるけど、なかなか頼めなくて…」と言っている人がいました。
対処できる量を明らかに超えていても、頼むのは気が引けてしまうのだそうです。
結局いつも自分でやってしまうと話していました。

一人に負担が集中するのはよくありませんから、分散したほうがいいのは当然でしょう。
しかし、一人一人の能力には違いがありますし、どうしても偏ってしまうことはあると思います。

そんなとき、人に頼るにはどうしたらよいのでしょうか。

人に頼みごとをするときに感じる心理

人に頼ったほうが自分の負担は減るのに、なぜ頼ることを躊躇してしまうのでしょうか。
それは、人に頼ることで別の負担が生じるからです。

こんなことを頼んで迷惑じゃないだろうか。
あの人も忙しいだろうに仕事を増やしてしまって申し訳ない。
言い出すタイミングがつかめない…。

相手に対する配慮が必要になるので、いろいろ考えてしまい、むしろ精神的な負担は増えるかもしれません。
それならば、多生時間はかかっても自分ですべてやったほうがいい、と思うのも自然なことでしょう。

人に頼らないのが迷惑になることもある

人に頼ると迷惑に思われるから自分で全部やる、という人は多いと思います。
ところが、人に頼らずに自分で解決しようとして逆に迷惑がかかることもあります。

一人でやっているために思った以上に時間がかかり、提出期限を過ぎてしまった。
一人でやろうとしたけれど、結局できずに必要以上の人手を借りだすことになってしまった。

こういう時、「なんで早く言わなかったの?」という言葉がくるのは目に見えています。
最後まで自分で完結できればいいですが、できないのならば最初から人に頼ったほうがよいのです。

無理なく人に頼るための3つの方法

では、無理なく人に頼るためにはどうしたらよいでしょうか。
3つの方法を提案します。

➀人の頼みを引き受ける

一つ目には、まず自分が人の頼みを引き受けるということです。
自分は何もしていないのに人に手伝ってもらうのが申し訳ないと思うのなら、まず先に自分が人のために動けばいいのです。

普段自分を助けてくれる人が困っていたら、力になりたいものでしょう。
「情けは人の為ならず」と言われるように、人のために動いたことはめぐりめぐって自分を助けてくれます。

常日頃から心掛けていると、いざという時に率先して力になってくれる人が増えていくはずです。

➁得意な人に頼む

相手の負担になるのでは、と思えば頼みづらいのは当然です。
それならば、負担にならない人に頼むようにしましょう。

苦手な人にとっては負担になる作業も、得意な人にとっては楽しく、気楽な作業かもしれません。
頼む理由もあるので、「あなたはこれが得意だから、お願いできませんか?」と声をかけやすいでしょう。

文章をまとめる作業は文章を書くのが得意な人へ。
パワーポイントでの資料作りはパワーポイントが得意な人へ。
といった感じで割り振っていけば、自分でやるよりも早く片付くのではないでしょうか。

③第三者に話してみる

それでもやはり自分では頼みづらい、という時には第三者に話してみるのもいいかもしれません。

「今こういうことで困っている」「なかなか作業が進まない」など、悩みを話してみるのです。
ただ話すだけなので、頼み事よりはハードルが下がるのではないでしょうか。

話を聞いた相手から解決方法が見つかることもあります。
効率のいい方法を教えてもらえたり、得意な人を紹介してもらえたりすることもあるでしょう。

まとめ

人に頼ることが苦手だ、という人は多いと思います。
しかし、人に頼る方がかえって周りに迷惑をかけずに済むこともあります。

無理なく人に頼るためには次の3つの方法を実践してみてはいかがでしょうか。
・人の頼みを引き受ける
・得意な人に頼む
・第三者に話してみる

引き受けてもらったら感謝を忘れず、お互いに気持ちのいい関係を築きたいですね。

The following two tabs change content below.
わか

わか

チューリップ企画コールセンターのわかと申します。 静岡の温暖な気候の中で育ったせいか、のんびりと構えていることが多く、周囲からはよく「いつも安定しているね」と言われます。 日常の様々な出来事を物語化することが好きです。学生時代、家ではほとんどの時間を机の前で過ごし、ノートに散文を書きためる日々を過ごしていました。そんな小さい頃からの癖で、日常の出来事を無意識に観察していることがあり、見ているうちに周囲の人間関係も客観的に把握することができるようになりました。 今まで見てきた人間関係、自分自身の悩んだ経験や、日々の電話応対の中でのお客様の声などを通して、皆様の悩みに寄り添える記事を書いていきたいと思います!
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事