心配性すぎて大事な機会を逃していませんか?心をもっと楽にする3つの考え方


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
お悩み解消研究家のわかです。

私は子どものころから考えが悪い方向に行きがちなタイプでした。
いわゆるネガティブ思考です。

また、心配性でもあったので、悪い方向の想像をしては、大丈夫だろうかといつも憂鬱になっていました。
心配性が必ずしも悪いとは言えませんが、心配性すぎるあまり、大事な機会を失っていることもあるのではないでしょうか。

今回は、心をもっと楽にするための考え方をご紹介します。

心配性だとなぜ問題なの?

杞憂」という故事成語があります。
「杞」という国のある人が、「天が崩れ落ちてきたらどうしよう」と心配して夜も眠れなくなってしまったという話です。

「天が崩れてきたら」とまで考える人はないでしょうが、実際にいろいろな心配をしている人はあるでしょう。
私が小さいころ、家族で動物園に行ったことがありました。
父がある柵の前で、幼い私でも動物がよく見えるようにと肩車してくれたのですが、私はその間「落ちる!落ちる!」とずっと騒いでいた、というホームビデオが残っています。

幼い私にとっては、落ちるのではないかということが心配で仕方なかったのでしょう。
しかし心配するあまり、結果的に肝心の動物はよく見えなかったわけです。
目の前のことを心配しすぎるあまり、大事な機会を失っていることもあるのかもしれません。

心配性な人が恐れていること

自分自身を振り返ってみてもそうですが、心配性な人は何か失敗したり失ったりすることを恐れているのではないでしょうか。

例えば、旅行の時に大荷物を抱えてくる人があります。
そんな人は、あらゆる場面を想定しているのです。

万が一けがをしてしまったときのために絆創膏が必要かな。
もしかしたらシャンプーやリンスが合わないかもしれないから自分のを持っていこう。
服が汚れることもあるかもしれないし、着替えは余分にあったほうがいい。

もちろん、これらのことは絶対にないとは言い切れません。
実際に起こった時に自分が困ったり笑われたりしたくないので、万全の準備をしていこうと考えるのです。

心をもっと楽にする3つの考え方

いくら備えが大事だからといっても、心配しだしたらキリがありません。
心配性すぎる人が、もっと心を楽に保てる3つの考え方をご紹介します。

➀多くのことは取り返しがつく

心配性な人は、想定される事態に対して重大に考えすぎてしまうところがあるかもしれません。
「こんなことになったら取り返しがつかない」と考えてしまっているのではないでしょうか。

しかし、「山より大きなイノシシはいない」と言われます。
イノシシは恐ろしいものですが、山より大きなイノシシは存在しないでしょう。
ものには限度がありますから、とても大きな問題のように思えることでも、この世のことは取り返しがつくということです。

もちろん、命のことは取り返しがつきませんから、災害対策などに備えるのは大事なことです。
しかし旅行などであれば、今はどこに行っても大抵のものがそろいますから、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。

➁やらない損失の方が大きいこともある

心配性の人の選択肢の一つに「危険な橋は渡らない」ということがあります。
リスクを背負ってやるくらいならば、初めから何もしないほうがいいという考え方です。

金銭のリスクが絡むことや命の危険があることは当然やらないほうが賢明だと思います。
ただ、習い事や新しいことへの挑戦、人との交流など、自分の人生を豊かにするものまでセーブするのはもったいないかもしれません。

うまくできないかもしれない、緊張して話せずに落ち込むかもしれない。
新しいことを始める時、そういう不安はきっとつきものでしょう。

ただ、人生の時間は長いようでいて短いもの。
またチャンスが巡ってくると思っていたら、一生に一度の機会を逃してしまうこともあります。
最初から何もしないと決めるのではなく、「やらない損失」についてもぜひ考えてみていただきたいと思います。

③失敗が人を強くする

心配性の人は、失敗をしたくないと思って様々な備えをします。
万全に守り固めていれば、多くのことは無事に乗り越えていけるでしょう。

ところが、世の中には想定できることばかりではありません。
むしろ、想定外のことの方が多くやって来るのではないでしょうか。

そんなとき、経験上多くの失敗をしてきた人は想定外の事態でも臨機応変に対応することができます。
その場にあるもの、自分ができる範囲のことでうまく切り抜けられるのです。

「失敗は成功の母」とも言われるように、多くのことを学ぶいい機会です。
失敗することを恐れず、さまざまなことに挑戦したほうが、結果的には自分を助けることになるのではないでしょうか。

まとめ

心配性すぎるあまり、せっかくの機会を失っている人は多いかもしれません。
心配事にとらわれる前に、次の3つのことを意識してみてはいかがでしょうか。

・多くのことは取り返しがつく
・やらない損失の方が大きいこともある
・失敗が人を強くする

人生をより豊かにしていきたいものですね。

The following two tabs change content below.
わか

わか

チューリップ企画コールセンターのわかと申します。 静岡の温暖な気候の中で育ったせいか、のんびりと構えていることが多く、周囲からはよく「いつも安定しているね」と言われます。 日常の様々な出来事を物語化することが好きです。学生時代、家ではほとんどの時間を机の前で過ごし、ノートに散文を書きためる日々を過ごしていました。そんな小さい頃からの癖で、日常の出来事を無意識に観察していることがあり、見ているうちに周囲の人間関係も客観的に把握することができるようになりました。 今まで見てきた人間関係、自分自身の悩んだ経験や、日々の電話応対の中でのお客様の声などを通して、皆様の悩みに寄り添える記事を書いていきたいと思います!
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事