「いま」「ここ」に集中できていますか?空回り状態が続くときの3つの対処法

公開日:
最新日:

「なんだか最近、空回りしているなぁ」と感じることはないでしょうか。

・ケアレスミスが多くなる

・次々と予定をこなすものの、一回一回に身が入らない

・気持ちに余裕がなく、返事や受け答えが雑になってしまう

こういう場合はたいてい疲れが溜まっているときです。

身体と心が乖離しているようで、「いま」「ここ」に集中できず、空回り状態になります。

そんな時の対処法を3つ提案します。

身体を整える

疲れを取るために、身体を整えることに全集中。

身体のバランスを整えるには3つが大事です。

 ①食事 

 ②運動 

 ③睡眠 

この3つのバランスが崩れると、身体の調子が悪くなります。

「なんだか最近、調子が悪いなぁ」と感じる時、それまでの生活を振り返ってみてください。

食事、運動、睡眠がおろそかになっているはずです。

①食事

忙しいとインスタント食品やコンビニ弁当などに手が伸びやすくなります。

すると栄養不足から余計に疲れてしまいます。

インスタント食品などは、カロリーはありますが栄養は少ないです。

すると身体が飢餓状態と認識して、空腹を感じやすくなり、余計に食べてしまいます。

アメリカでは貧困層ほど太っていて、富裕層ほど痩せています。

貧困層は安価なファーストフードばかりを口にするので、根本的に栄養が足りず食べ過ぎてしまうのです。

良質な栄養を取っていれば、身体も健康になりますし、食べ過ぎ予防になりダイエットにも効果的です。

では、どんな食品が栄養があるのでしょうか。

合言葉は「まごわやさしい」です。

健康な食生活を送るための食材の頭文字を取ったものです。

ま・・・豆、豆腐や納豆など

ご・・・ごま、ナッツなど

わ・・・わかめ、海藻類

や・・・野菜

さ・・・魚

し・・・しいたけなどのキノコ類

い・・・イモ類

しっかり栄養を取って、身体の調子を整えていきましょう。

②運動

運動も大切です。ウォーキングやストレッチなど体を動かすと、血流が良くなります。

健康のポイントは、良質な血液を体の隅々まで届けることです。

せっかく栄養を取っても、血流が悪ければ、細胞に栄養が届きません。

運動して、良質な栄養を身体に送ってあげましょう。

③睡眠

睡眠には脳や身体の疲れを取り、身体を修復する働きがあります。

睡眠不足は、生活習慣病やうつ病、認知症の発症など様々な病気のリスクになると言われています。

早めに行動する

次々と予定が入ると、いつものペースが乱れてしまいます。

時間を捻出するために、食事が手抜きになったり、家事や日課の運動習慣が後回しになったりします。

すると、余計に体調を崩しやすくなったり、十分な準備ができていないため、時間に追われたり忘れ物が多くなったりします。

先々の予定をしっかり把握し、忙しくなりそうだと思ったら、早め早めに行動するようにしましょう。

たとえば、今週は仕事が忙しいと予め分かっているならば、休日に作り置きのおかずを沢山用意して冷凍庫に入れておく。

そうすれば、仕事から帰宅してもレンジで解凍するだけで、手作りのご飯を食べることができます。

手作りが難しいならば、なるべく加工されてない食品を大量に買っておくのも手です。

食品は本来の姿から加工されればされるほど、身体に悪いと言われています。

一例をあげればソーセージ。

ソーセージに姿を変えれば、どこの国からどんなふうに育てられた肉か分からなくなりますし、発がん性物質と言われる添加物も多く入っています。

納豆、豆腐、漬物、サバ缶・・・などは、本来の姿からあまり変化していません。

料理しなくても栄養が取れる食材が冷蔵庫に常備されていると安心ですね。

キャパシティーを把握する

自分がどこまで予定を詰めれば、電池切れにならず動けるのか。

キャパシティーを把握しておくと良いでしょう。

といっても初めから自分のキャパシティーを掴むことは難しいです。

忙しい日が続くと、体調がどう変化するのか。メンタルの変化はあるのか。

こういったことを、予定を入れ動いてみて振り返ってみる。

すると少しずつ自分のキャパシティーが分かってきます。

また、女性の場合は、生理周期などにより、体調もメンタルも大きく差が出ます。

生理周期を把握することで、対策も取りやすくなりますね。

まとめ

「最近何だか空回りしているなぁ」と感じるとき、疲れが溜まっていないでしょうか?

せっかく動いていても、「いま」「ここ」に集中できず、空回り状態になってまうのは勿体ないことです。

余裕をもって生きるために次の3つを提案します。

①身体を整える

食事、運動、睡眠のバランスを整えていきましょう。

②早めに行動する

③キャパシティーを把握しておく

この3つどれか意識するだけでも少しずつ整っていきます。

生きていれば急に忙しくなったり、ハプニングが起きたりします。

日々さまざまな問題に対処して、せわしなく生きています。

そもそも、そうやって目の前の問題を解決し続けてまで生きていくのは、何のためでしょうか?

詳しくはこちらの記事をごらんください。

「生きるためだけに働いてるな、生きてるなぁ」と思う時に、まず大切な生きる方角

The following two tabs change content below.
九条えみ

九条えみ

チューリップ企画では、お客様サポートおよびウェブでの情報発信を担当しています。仏教を学んで約10年。仏教の視点からお悩み解消のヒントをご紹介できればと思います。
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事