変われる人と変われない人の3つの違い

こんにちは、みさきです。

「変わりたいのに、変われない」

これは誰もが一度はぶつかる悩みだと思います。

本やセミナーで刺激を受け、何か新しいことを始めてもなかなか続かない。
課題や問題点を書き出しても、解決方法が見つからない。
そのうち何をやってもなかなか変われない自分が嫌になる。
そんな人は少なくないと思います。

そこで今回は「変われる人」と「変われない人」はどこが違うのか、考えていきたいと思います。

①どう変わりたいのか

変われる人と変われない人との違いの1つ目は「どう変わりたいのか」自分のなりたい像がハッキリしているかどうかです。

山登りなら「今日の宿泊地である山小屋まであと1時間」「頂上まであと少し」と目指す目標が分かっていると、やる気が出てきますよね。
ところが遭難してしまい、方角が分からなくなってしまったらどうでしょう。
歩いていても疲れてくるし、しゃがみ込みたくなるし、頑張ろうという思いは出てきません。

それと同じように、行動を続けた先にある自分自身の姿や、実現したい目標などがはっきりしないと、モチベーションは続きません。

まず具体的に自分はどう変わりたいのか、何を目指すのか、自分の理想のロールモデルを決めたりして、理想の自分を明確にイメージすると、現在の自分は具体的に何をしたらいいか、明確になり、着実な行動ができるようになります。

②本当は変わりたくない

変われない人の2つ目の特徴として「本心では変わりたくない」と思っていることです。

これは意外に感じられるかもしれません。
「いやいや、変わりたいと思っているんですけれど」と言われるかもしれませんが、心の本音の部分では、変わらないほうが楽だと思っているのです。

これは自分だけに限らず、すべての人にある心です。
仏教では「睡眠欲」といわれ、寝ていたい、楽がしたいという欲の心です。

自分を変えられる人は、この自分の中にある怠け心を自覚しており、自分に打ち勝つために縁を上手く選びます。

友人の娘さんから聞いた話です。
高校1年の時、大学に進学できるか危ういほどの成績でしたが、2年生で仲良くなった友人数人がとても頭の良い友人でした。
テスト前には、その友人たちと勉強方法や難問を共有するようになり、気がつけば成績が学年上位になっており、大変驚いたそうです。
良い縁には近づき、親しくなることが自分を変える秘訣ですね。

③失敗にどう反応する?

変われる人と変われない人との違い3つ目は「失敗にどう反応するか」です。

何かに挑戦すれば失敗をすることはあります。失ったり、損をしたり、あるいは挫折するリスクは高まります。

しかし「人生にとって最大のリスクは、チャレンジしないこと、そして失敗を恐れること」といわれるように、挑戦をせず、リスクを恐れてばかりいては、もう変われません。

子供時代を考えてみましょう。
はじめから自転車に乗れる子供はいません。
補助なしで乗れるようになるまで、何回も何回も転びます。
転ぶ原因は何かと考えながら、何度も挑戦して乗れるようになります。
子供は転ぶのを恐れません。
だから子供は成長が早いのです。

失敗を恐れないようにしましょう。
失敗は課題点を教えてくれ、解決する方法を考えさせ、自分を賢くさせてくれます。

(関連記事)

受け身な人生を変えたいあなたへ|一歩踏み出すために知っておきたい考え方

The following two tabs change content below.
みさき

みさき

はじめまして、みさきです。 チューリップ企画で「動画で学べる仏教」を制作しています。 10年間、旅のプランニングの仕事を通して、幅広く多くの方々とお話してきました。旅には各々の想いがあり、じっくりとお話をしながら旅のお手伝いをしていきます。人と関わる中で人間関係で悩んでいる人が多いことを知りました。 8年前に仏教とご縁があり、人間の心についてずば抜けた洞察の深さに感動して、今の仕事に至っています。日常の悩みについて仏教ではどう教えられているかを発信してゆきたいと思います。
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事