チャンスを逃している人が、チャンスをつかむ人に変わる方法とは?

みさき みさき

こんにちは。みさきです。
仏教の類のない心の洞察に感動し、学びはじめて5年になります。

最近、元同僚が結婚をしました。10年来の友人の結婚の知らせは、感動で胸がいっぱいになりました。
ただ、彼女のことを想っていた別の男性の同僚を知っていたので、彼女の心を射止めた違いは何だったのだろうかと、ふと考えてしまいました。
その男性も、気の優しい素敵な人だったからです。

目次

  • チャンスをつかむ人、チャンスを逃してしまう人
  • チャンスをつかむ人と逃す人の違いとは?
  • まとめ

 

チャンスをつかむ人、チャンスを逃してしまう人

「チャンスの女神は前髪しかない」ということわざがあります。
チャンス(好機)はすぐにつかまなければ、後からつかむことは出来ないという意味です。
誰もがチャンスをつかみたいと願っていますが、チャンスをよくつかむ人と逃してしまう人があります。

たとえばよく聞く話ですが、職場に「あの人と付き合いたいな」と思っている素敵な人がいました。
「あの人は私のことをどう思っているだろう」
「告白しようかどうしようか」
と数カ月悩んだ末、自分の想いを伝えようと、ようやく決意した矢先に、その憧れの人が最近別の人と付き合い始めていたことを知り、ショックを受けた、という経験のある方も少なくないと思います。
私もそんな経験がありますが、前述の「チャンスの女神は前髪しかない」の言葉が身にしみました。

また先日NHKで仮想通貨で「億り人(おくりびと)」になったという特集が放映されていました。
「億り人」とは、株やFXなどで1億円以上の資産を築いた人のことをいいます。
「じゃあ、私も」と今から参入しても、これからは簡単じゃないみたいです。

チャンスをつかむ人と逃す人の違いとは?

このようにチャンスをつかんで成功する人と、チャンスを逃して成功できない人とあります。
この違いは何なのでしょうか?
運が良かった、悪かった、だけのことなのでしょうか。

仏教では、幸せや不幸という結果は「因」と「縁」が結びついて生じると教えられています。
「縁」とは、これまでお話ししてきたチャンス(好機)のことです。

先ほどの例でいうなら、職場にいた素敵な人や仮想通貨が「縁」です。
「因」とは、自分の行いのことです。
素敵な人という「縁」がどれだけ近くにあっても、自分に「因」がなければ、付き合うという「結果」は結びつかないのです。

この場合の「因」とは、笑顔だったり、誠実さだったり、気配りだったり、積極性だったり、の自分の行いです。

「億り人」となった人も同じことがいえます。
仮想通貨バブルとなる前からインターネット上の動向を先読みし、研究、情報収集、人脈の拡大、視野を広げるなど、あらゆる努力をしていたのだと思います。
それが「因」で、仮想通貨ブームの「縁」と結びついて、億単位の収入という「結果」を得たのです。

自分の行動に目を向けず、「縁」(チャンス)だけを待っていても、幸せな結果は得られないのです。
「縁」(チャンス)をつかみ、幸せな結果を得るには、自分の行為が必要不可欠なのです。

徳川将軍家の剣術指南を勤めた柳生家(やぎゅうけ)の家訓にもこうあります。

小才は、縁に会って縁に気づかず。

中才は縁に気づいて縁を生かせず。

大才は袖(そで)振り合う縁をも生かす。

運が悪いと恨んだり、ひがんだりせず、袖触れ合う縁も生かせるよう、自分の行いに目を向けていきたいなと思います。

まとめ

同じような状況にあって、チャンスをつかむ人と逃してしまう人がいます。
いつチャンスの風が吹くかわかりません。
常に自分の行動に磨きをかけ、いつチャンスが来てもつかめるように準備をしておきたいですね。

The following two tabs change content below.
みさき

みさき

はじめまして。みさきです。
10年間、コンサルティングの仕事を通して学生から同年代、年上の方まで多くの方々とお話してきました。退職をして奥さんといる時間が増え、夫婦関係が上手くいかないと悩んでいる人、子供が何で悩んでいるかが分からないなど……。人間関係で悩んでいる人が多いことを知り、コミュニケーション力について学ぶようになりました。
ブログを読んだ方の心が少しでも軽くなる一助となれば、嬉しいです。
現在は「動画で学べる仏教」の制作をしています。
好きなことは、アイデアを組み合わせて新たなアイデアを作ること。砂糖を使わないスイーツ作りです。どうぞ宜しくお願いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop