【知らないと損をする】テレビやネット、広告を鵜呑みにする人が抱えるリスク

こんにちは、みさきです。
私たちは毎日、ネットやテレビ、新聞、広告などから、あるいは友人や家族との会話から様々な情報に触れていますが、それらの情報で少なからず影響を受けてしまっています。

あなたによく話をする友人がいるとします。
その友人が敵対視している人がいて、その人がいかにひどいか、友人から何度も聞いているうちに、自分までろくに話をしたことがないその人のことを、もう良い人には思えなくなってしまった、という経験がある方は多いのではないでしょうか。

誰かが誰かにする非難中傷も、所詮その人の主観が入っているから当てにならないな、と冷静に聞いているつもりでも、耳に入ってしまうと、何らかの影響を与えられてしまうものです。

そういう点では、 情報を得ることは食べ物を食べることと同じ、ともいえます。

ジャンクフードばかり食べていたら肥満になり、大量の添加物の入ったお菓子を好物にしていたら 健康を害してしまうので、食べ物には気をつける人は多いです。

ところが情報に関しては、 それが真偽のハッキリしないものでも面白半分に聞いて、その結果、悪影響を受けている人は相当多いように思います。

人の主張を 「否定するのは良くない、みんな違ってみんないい」と言う人がありますが、食べ物だったらそう言えるでしょうか。

発ガン性のある物質が含まれている食べ物も 「否定するのはよくない」と食べ続ける人はありません。
身体に悪影響を受けたくないからです。
情報もそれと同じで、 何でも聞けばいいのではありません。

この現代の情報洪水の中で翻弄されないためにも、その情報が自分にとってどんな意味を持つか、その吟味に相当の関心を持ってしかるべきでしょう。

世の中には時間の無駄、お金の無駄という情報も多いです。
捨ててもかまわない情報もあります。
知れば知るほど健全な心が疲弊してしまう情報もあります。

一方、これを知っていると知らないとでは大違いだ、という貴重な情報もありますし、人間に生まれたからには、これだけは絶対に知らなければならない、という内容を持つものもあるのです。

自分の情報リテラシー(情報を活用する力)を見直していきたいと思います。

あなたの心が少しでも軽くなり、心穏やかに過ごせますように。

The following two tabs change content below.
みさき

みさき

はじめまして、みさきです。 チューリップ企画で「動画で学べる仏教」を制作しています。 10年間、旅のプランニングの仕事を通して、幅広く多くの方々とお話してきました。旅には各々の想いがあり、じっくりとお話をしながら旅のお手伝いをしていきます。人と関わる中で人間関係で悩んでいる人が多いことを知りました。 8年前に仏教とご縁があり、人間の心についてずば抜けた洞察の深さに感動して、今の仕事に至っています。日常の悩みについて仏教ではどう教えられているかを発信してゆきたいと思います。
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事