儲け話はなぜ儲からない?お金で失敗しない心の持ち方

九条えみ 九条えみ

心寄りそう研究家の九条えみです。

私は仕事柄、60代以上の方とお話しする機会が多いのですが、なかには退職金と年金で生活している心細さを語られる人もあります。

今から再就職するわけにもいかず、お金は減っても増えることはない。

しかし、歳を重ねるほど医療費などでお金は必要になる。

そんな時に「絶対に儲かる」と親しい人から声をかけられたら、どう思うでしょうか?

今回は「お金で失敗しない心の持ち方」がテーマです。

目次

  • 儲け話に乗って退職金をだまし取られた男性
  • 儲け話になぜだまされるのか
  • まとめ

儲け話に乗って退職金をだまし取られた男性

知人から聞いた話です。

現役時代に一生懸命働いたおかげで、退職後は旅行や趣味と悠々自適(ゆうゆうじてき)に暮らしていた70代の男性がいました。

退職金も老後生活を送るには困らないほど貰っていたのでしょう。

そんな男性に儲け話が舞い込みました。

「海外企業に投資しないか?

絶対に儲かる株があるんだ」

言葉巧みに話したのでしょう。

どんな会社か下調べもせずに数百万円を投資したのです。

結果は大損。

残ったのは売れない株と、だまし取られたという絶望と後悔だけでした。

今は旅行や趣味は控え、人との付き合いもなるべく減らして、節約生活を送っているそうです。

儲け話になぜだまされるのか

この話を聞かせてくれた知人は、

本当に儲け話なら、他人に勧めない

と言いました。

たしかに、そうですよね。

お金はみんなが欲しいもの。

苦労して手に入れるお金を他人にやすやすとくれてやる、なんて普通はしませんよね。

しかし、金に目がくらむと冷静な判断ができなくなるのでしょう。

なぜなら、私たち人間には欲望があるからです。

お釈迦様は、これを5つに分けて「五欲(ごよく)」と教えられました。

どんな人でも五欲を持っています。

五欲のうちの1つが財欲(ざいよく)です。

お金や物が欲しいという欲望をいいます。

お金や物がなければ、食べることもできず、生命維持に必要な物資も持てず、生きてはいけません。

財欲がなければ人間は生きられませんが、財欲で人生を棒に振る人も多い、というのも事実です。

総理大臣を務めた人までもが汚職事件で獄舎につながれています。

「これくらいよかろう。もうちょっと、あとちょっと・・・」と手を伸ばし、やがて取り返しのつかない事態に陥るのが底知れぬ欲の恐ろしさなのです

まとめ

私たちは財欲がなければ生きてはいけませんが、金に目がくらみ大損したり、取り返しのつかない過ちを犯したりすることがあります。

財欲によって日々動かされている自分だなぁ、と知って客観視できれば、甘い話に警戒することができるでしょう。

こんな詩があります。

省みよ 日に幾度も 省みよ 欲と怒りの 絶え間なければ

大儲けすると大損するともいわれます。

何事も堅実に努力していくことが成功の秘訣なのですね。

貯金がニガテ・・・という人におすすめな方法をご紹介しています。

貯金できない人の落とし穴|実はシンプルな貯金の方法

 

The following two tabs change content below.
九条えみ

九条えみ

こんにちは、九条えみです。会社では主に電話でのお客様サポートや、仏教月刊誌『とどろき』の朗読版に声を吹き込んでいます。生まれた時からニコニコしていたらしく、母につけられたあだ名は「ころニコ」お餅が笑っているような赤ちゃんでした(笑)心の機微に関心が強く、相手が望んでいる言葉は何だろうか?と自然と考えるようになっていました。感受性が強いのか繊細さに悩むこともありますが、 モットーである「笑顔」と「言葉」を軸にして、同じ悩みを持つ方に寄り添うような記事を書きたいと思います。音楽、オシャレ、効率化が好きです(^^)♪
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop