暗記が苦手な人でも簡単に暗記「皿回し暗記法」(5)

あさだ よしあき

通勤通学時間は暗記に最適と思っている、あさだです。

高校生対象に勉強法についてセミナーを行っています。

続けて暗記の説明をしたいと思います。

どの試験でも、暗記を避けて通ることはできません。

試験によっては、暗記のみで、合格点をとれる試験もありますし、暗記だけでは合格点がとれない試験でも、基本的なことは暗記した上で、応用問題を解くことになります。

試験に合格しなければ、次のステップに進めないのならば、覚えることに意味があるかどうかの問題ではなく、合格するために、覚えなければなりません。

だからこそ、効率的に覚えることが大事になります。

どうすれば、効率的に覚えることができるのか。

勉強のコツも、学んだことは復習することにありますが、暗記のコツも「忘れる前に反復する」ことにあります。

その暗記のコツを方法化したのが「とにかく回転法」「皿回し暗記法」です。

「とにかく回転法」とは

  1. とにかく声に出して読み始める
  2. 速く読めるようになる
  3. 短い時間でたくさん読めるようになる
  4. ある時、一気に定着度が増している感じがする。ラストスパート!
  5. いつの間にか暗記している

 

「とにかく回転法」を聞かれた方から、「本当に読んでいるだけでいいのでしょうか、書く必要はないのでしょうか」という質問をよく受けます。
「音読」と「書く」関係について、説明したいと思います。

 

目次

  • 「黙読」「音読」「筆記」の比較
  • 「音読」はいつでもどこでもできる
  • 「筆記」のタイミング
  • まとめ

 

「黙読」「音読」「筆記」の比較

「私は書いて覚えるタイプなんです」、このような方もあると思います。私も、高校時代までは、そうでした。

ところが、大学に入ってからは、音読に変更しました。

「私は書く派」「私は読み派」と、それぞれ派閥をつくるかもしれません。(笑)

「黙読」「音読」「筆記」の3つを比較してみたいと思います。

 

「黙読」と「音読」の比較

「黙読」は、目からの情報だけです。(「1」の情報)
「音読」は、目と口と耳からの情報があります。(「3」の情報)

音読しますと、目からの情報だけでなく、口でも言いますし、自分の声が耳にも入ってきます。

単純に考えると、音読は、黙読の3倍の情報が入ってきます。

もっと考えてみますと、黙読は、ザーッと読んでしまうことはないでしょうか。

もしかすると「1」の情報もなく「0.5」ぐらいかもしれません。

音読の場合、声に出して読みますので、しっかり文字を見なければなりませんから、目からの情報も「1」となります。

そう考えると、音読は、黙読の3倍以上の情報が入ってくることになります。

同じ情報を短期間に繰り返す、忘れる前に反復することが暗記のキモですから、黙読よりも、音読の方が、圧倒的に良いことは明らかです。

 

「筆記」の比較

そうすると「助さん角さん」ならぬ「書くさん」が登場してきます。
「だから、私は書いているんです」
「読みながら、書いたら、なお、いいんじゃないですか。声に出さなくても、口でいうよりも、書く方が大変だから、より、インパクトを与えるんじゃないでしょうか。やっぱり書いて覚える方がいいでしょう」

確かに、そうかもしれません。

ほとんどの試験は、口頭試験ではなく、筆記試験なので、当然、書く必要はあります。

どれだけ口で言えても、正しく書けなければ、合格できません。

最近は、パソコンやスマートフォンで入力することに慣れて、正しい漢字を書けない人も増えているので、なおさら書く練習が必要だと思います。

しか~し!

最初から覚える段階で、書いて覚えようとしますと、書くのに時間がかかるため、回転させるスピードが遅くなります

また、ずっと書いていると手が疲れます。指にペンダコができます。

「ドクターグリップ」などの、特別なペンを買いますが、やっぱり疲れます。

回転の効果を出すためには、最初は書いて覚えるのではなく「とにかく回転法」で覚えた方がよいです。

 

 

「音読」はいつでもどこでもできる

「筆記」は、机の上でなければできませんが、「音読」は、いつでもどこでも可能です。

電車やバスで立ちながらでもできます。歩きながらでもできます。

自転車をこぎながらでもできます(笑)。

信号待ちの時に覚えたいものを口ずさみ、信号が青になったら、そのまま口ずさんで自転車をこぎます。

 

こま切れ時間の有効利用

こま切れの時間でもできますから、こま切れの時間を有効に利用することもできます。

私は覚えたい言葉は、手帳にはさんでおいたり、スマホに入れておいたりして、こま切れ時間ができたら口ずさんでいます。

学生時代は、机の上で勉強する時間を確保しやすいですが、社会人になると、なかなか机の上で勉強できません。

勉強する習慣を失っている人もあります。

また、勉強時間をまとめて確保するのは難しいですから、こま切れ時間を有効に利用できるかどうかが、合否のカギになります

 

「筆記」のタイミング

「とにかく回転法」で覚え始めると「なかなか覚えられないところ」が出てきます。

また「特に重要なところ」もあります。そのような箇所は書いて覚えるようにしましょう。

最終的には、筆記試験ですので、書いて覚えているかどうか、正しく書けるかどうか、確認する必要があります。

口で言っているだけだと、曖昧なところがありますので、書くことによって曖昧さを取り除き「見える化」します。

  • こま切れの時間を利用して「とにかく回転法」で忘れないようにする。
  • 時間がある時は、書いて、正確に書けるかどうか、確認する。
  • 間違えたところはチェックして、試験が近づけば、間違えたところを再チェックする。

 

まとめ

  • 最初は「とにかく回転法」で始める
  • ある程度、覚えられたら、書いてみる
  • こま切れの時間を利用して「とにかく回転法」で忘れないようにする。時間がある時は、書いて、正確に書けるかどうか、確認する。間違えたところはチェックして、試験が近づけば、間違えたところを再チェックする。

 

では、具体的に、どのように「とにかく回転法」を使って覚えるのか。

それが「皿回し暗記法」です。

次回、説明したいと思います。

 

(関連)

→ 勉強法って何?知らないと損する目からウロコの勉強法(1)
→ 試験対策で最も有効な方法「タイムマシン法」(1)
→ 「パレートの法則」は仕事にも勉強にも通じる
→ 暗記が苦手な人でも簡単に暗記「皿回し暗記法」(1)

 

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログのお手伝いをしています「あさだ よしあき」です。
テニスとスタバで読書をこよなく愛しています。
将棋の羽生さんに、パッと見、似ているかもしれません。

事務を効率的にスムーズにできるようになりたい、もっと時間をうまく使えるようになりたい、続けるのが苦手から変わりたい、もっと効率よく勉強できるようになりたい、うまく任せられる「任せる力」を身につけたい

そんな方の悩みを聞いて、夢を実現するお手伝いをしてきました。この経験を活かして、情報を発信していきたいと思います。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop