勉強する環境によって勉強成果は何倍も変わる(5)

あさだ よしあき

 

勉強する環境によって勉強成果は何倍も変わる(5)

~ 「カフェ勉強法」と「鶴の恩返し勉強法」を使い分ける ~
勉強といいましても、私は、以下のような掛け算で考えています。

(勉強成果)=(勉強時間)×(勉強密度)

 

今まで、以下の2つについて、説明してきました。

1.勉強時間を増やす前に、勉強密度を上げてみましょう

2.忙しい人でも勉強時間を確保する方法

1と2を進める上で、大事な「勉強する環境」について、説明したいと思います。

目次

  • 「カフェ勉強法」と「鶴の恩返し勉強法」を使い分ける
  • 暗記をするには
  • 勉強する環境を一度、考えてみましょう
  • まとめ

 

「カフェ勉強法」と「鶴の恩返し勉強法」を使い分ける

図書館やカフェで勉強する時は、他人の目を気にする、名誉欲を利用するもの。
「鶴の恩返し勉強法」は、他人の目を気にしない環境をつくるものです。

暗記をする、声を出しながら勉強したい。
そういう時は「鶴の恩返し勉強法」がよいですし、問題を解くならば「カフェ勉強法」がよいでしょう。

何の勉強をするか、現在、勉強はどの段階まで進んでいるかに応じて、「カフェ勉強法」と「鶴の恩返し勉強法」と使い分けることが大事なんですね。

暗記をするには

暗記で考えてみますと、
皿回し暗記法は、人の目を気にせず、とにかく、回転させるのが大事。
その為には、「鶴の恩返し勉強法」がよい。

ある程度、定着しましたら、筆記で確認の段階になります。
そうなったら、「カフェ勉強法」がよい。

私でしたら、暗記をする時は、まず、電車やバスの移動時間で「鶴の恩返し勉強法」
他の人に聞こえないが、自分には聞こえる音量で、とにかく回転させます。
ある程度、定着したと思ったら「カフェ勉強法」

勉強する環境を一度、考えてみましょう

自分のライフスタイル、勉強科目、勉強内容に応じて、どこで勉強するのが、最適かを考えます。

暗記の回転以外は「カフェ勉強法」というか「スタバ勉強法」

・私はコーヒー好き
・自分の生活エリア内にスタバがある
・スタバの雰囲気が好き

それで「スタバ勉強法」にしています。

頂いた感想には
「私もマックとかに行って勉強しようかな(笑)」
「私はタリーズで勉強して資格試験に合格しました」

自分なら、どこで勉強するのがよいか、一度、考えてみては、いかがでしょうか。

まとめ

・「カフェ勉強法」と「鶴の恩返し勉強法」を使い分ける

・自分のライフスタイル、勉強科目、勉強内容に応じて、
どこで勉強するのが、最適かを考えます。

(関連)

→ 勉強法って何?知らないと損する目からウロコの勉強法(1)

→ 試験対策で最も有効な方法「タイムマシン法」(1)

→ 「パレートの法則」は仕事にも勉強にも通じる

→ 暗記が苦手な人でも簡単に暗記「皿回し暗記法」(1)

→ 「勉強時間を増やす」前に「勉強密度を上げる」(1)

→ 勉強密度を上げると共に勉強時間を確保する(1)

→ 勉強する環境によって勉強成果は何倍も変わる(1)

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログのお手伝いをしています「あさだ よしあき」です。
テニスとスタバで読書をこよなく愛しています。
将棋の羽生さんに、パッと見、似ているかもしれません。

事務を効率的にスムーズにできるようになりたい、もっと時間をうまく使えるようになりたい、続けるのが苦手から変わりたい、もっと効率よく勉強できるようになりたい、うまく任せられる「任せる力」を身につけたい

そんな方の悩みを聞いて、夢を実現するお手伝いをしてきました。この経験を活かして、情報を発信していきたいと思います。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop