移動映画館が沖縄へ!|心温まる交流と元気になる出会い

わか わか

こんにちは!
チューリップ企画スタッフのわかです。

学生時代、12月の寒い風が吹く中、修学旅行で向かったのは沖縄でした。
本州とは違い、大変温暖な気候に驚いたのをよく覚えています。
沖縄といえばヤシの木にエメラルドブルーに輝く海、まさに南国というイメージがぴったりです。

移動映画館は、全国各地をまわっていますが、海を越えて沖縄県まではなかなか行くことができずにいました。
しかし、ようやく訪れることができ、そこでは、移動映画館に訪れる様々な人との出会いが待っていたのです。

今回は、沖縄での移動映画館の様子をお伝えしていきたいと思います!

目次

  • 移動映画館全都道府県での開催達成へ
  • かりゆしウェアで交流
  • 因果の道理を学んでみて…
  • まとめ

移動映画館全都道府県での開催達成へ

移動映画館事業は、東日本大震災の復興支援事業としてスタートして以来、全国を巡回してきました。
今回、移動映画館が初めて沖縄県を訪れることとなり、47全都道府県での開催を達成することができました。

沖縄県では、出会う人出会う人南国の太陽のように明るい人たちばかりです。
しかし、その笑顔の陰には様々な苦労が隠れているようです。
話をしてみると、「精神的な支柱が欲しい」と悩む人も多くありました。

移動映画館に参加された80代の男性は、戦争を経験され、大変な悩み苦しみの中を生き抜いてきたと言われます。
「変わらぬ精神的支柱が欲しい」と思い続け、手に取られたのは『歎異抄』
心に残った言葉の意味を知りたいと月刊誌『とどろき』を購読されるようになり、移動映画館のことを知られました。
やっと支柱となる教えに出遇うことができました」と話す笑顔は輝いていました。

とてものんびりとして、悠々自適としているように見える沖縄の暮らしですが、悩みを抱えている人は多いのが分かります。

かりゆしウェア、三線で交流

沖縄県で上映会を開催するにあたり、移動映画館のスタッフは皆、かりゆしウェアで参加者の皆さんをお出迎えしました。
かりゆしウェアとは、沖縄版アロハシャツのことなのだそうです。
「めんそーれ!(いらっしゃい)」と、沖縄の言葉で挨拶をすると、「似合っていますね」と参加者の皆さんから声をかけていただく場面もありました。

また、移動映画館の中では、琉球楽器・三線(さんしん)の演奏が披露されました。
沖縄民謡の音色に、参加者も手拍子で声を合わせると、移動映画館の中には一体感が生まれ、和やかなムードが流れます。
打ち解けた後は、参加者から手作りの沖縄のドーナツ、サーターアンダギーがふるまわれ、皆でコーヒーを片手に話に花が咲いていました。

沖縄ならではの歓迎を受け、移動映画館のスタッフもより一層やる気が出てきたことでしょう。

因果の道理を学んでみて…

移動映画館の上映会では、アニメ映画『王舎城の悲劇』を上映しました
お釈迦さまの時代のお話で、「王舎城」というお城を舞台に起きたある出来事が描かれています。
主人公はイダイケ夫人という王さまの妃。

劇中、諄々と説かれる「因果の道理」に参加者の皆さんは聞き入っていました。
仏教では、「よいことをすれば、幸せに恵まれる。悪いことをすれば、不幸や災難に見舞われる。
自らにやってくるすべての結果は、例外なく自分のやった行いの結果ですよ」という「因果の道理」が説かれています。

移動映画館に参加された那覇市内在住の50代女性は、

「嫌なことがあると、ついつい周囲のせいにしてきました。
でも、お釈迦さまを前に愚痴をこぼすイダイケ夫人の姿を通して、全ては自因自果なのだと身につまされました

と話していました。

また、目の病を患うある女性は、

「アニメのセリフは、よくかみ砕かれていて、耳で聞くだけでもよく分かりました。
移動映画館が来てくれたからこそです。
本当の仏教を聞き、心に光が差し込んだようです

とにこやかな笑顔を見せてくださいました。
映画を通して、自分自身に目を向けられる参加者の皆さんの姿に、こちらも襟を正される思いでした。

まとめ

沖縄での上映会を通して、移動映画館へたくさんの方に足を運んでいただきました。
明るく陽気な沖縄の人も、悩みを抱えているのは同じです。
移動映画館での上映会を通して、皆さんの心が少しでも穏やかになれたのでしたら、こちらも嬉しく思います。

生きるよろこびをすべての人へ
移動映画館は今日も全国津々浦々へ走っています。

The following two tabs change content below.
わか

わか

チューリップ企画コールセンターのわかと申します。
静岡の温暖な気候の中で育ったせいか、のんびりと構えていることが多く、周囲からはよく「いつも安定しているね」と言われます。
日常の様々な出来事を物語化することが好きです。学生時代、家ではほとんどの時間を机の前で過ごし、ノートに散文を書きためる日々を過ごしていました。そんな小さい頃からの癖で、日常の出来事を無意識に観察していることがあり、見ているうちに周囲の人間関係も客観的に把握することができるようになりました。
今まで見てきた人間関係、自分自身の悩んだ経験や、日々の電話応対の中でのお客様の声などを通して、皆様の悩みに寄り添える記事を書いていきたいと思います!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop