困った時に力になる為に悩みを言える関係を築いておく

九条えみ 九条えみ

こんにちは。こころ寄り添う研究家の九条えみです。

まずは悩みを聞く

知人の女性が仕事が忙しく、一人でストレスを抱えているようでした。

何か力になれないかと思い、ちょっとしたプレゼントや手紙を送ったりしたのですが、これといって反応がなく、空回り状態が続いていました。

そこで先輩に相談してみた所、意外な答えが返ってきました。

「悩みを聞いてあげられる人が誰かいないかな?

答えが見つからなくても、悩みを吐き出せばスッキリするのが人間だからね」

その言葉を聞いて、視界が開けた思いがしました。

私は自分の伝えたいことを伝えることに必死でしたが、相手はすでに仕事で手一杯なのですから、まずは悩みを吐き出して心にゆとりを作ってもらう方が大事だったと知らされたからです。

悩みを言える関係を築いておく

それと同時に、日頃から悩みを言ってもらえる関係作りの大切さに気づきました。

誰にでも悩みを打ち明けられるものではありません。

悩みを打ち明けることは、自分自身の弱い面を見せることになるので、勇気のいることです。

だからこそ、日頃から気にかけてくれ、信頼できる相手でないと、悩みを打ち明けてみようという気が起きないものです。

今回のことを通して、日頃から良好な関係を築けるように心がけていきたいと新たに思いました。

信頼される人になる2つの心がけ

では、信頼される人になるためには、具体的にどうしたら良いのでしょうか。

それには2つのことに心がけると良いそうです。

1.時間・約束を守る

信頼されるには、まず時間・約束を守ることです。

待ち合わせ時間や、相手とした約束などをしっかり守る。

信頼を築くには一番大切なことだと教えられます。

2.言葉遣い

つぎに言葉遣いが大切だと言われます。

敬語表現をとってみても、二重敬語になっていないか?尊敬語のつもりで謙譲語を使っていないか?など気をつけることが色々あります。

言葉1つで相手に与える印象がどう変わるのかについて『たった一言で損する?得する?差がつく言葉の使い方』にまとめてあります。

これら2つのことを心がけ実行していくことで、信頼される人になっていくのですね。

The following two tabs change content below.
九条えみ

九条えみ

こんにちは、九条えみです。会社では主に電話でのお客様サポートをしています。生まれた時からニコニコしていたらしく、母につけられたあだ名は「ころニコ」お餅が笑っているような赤ちゃんでした(笑)心の機微に関心が強く、相手が望んでいる言葉は何だろうか?と自然と考えるようになっていました。感受性が強いのか繊細さに悩むこともありますが、 モットーである「笑顔」と「言葉」を軸にして、同じ悩みを持つ方に寄り添うような記事を書きたいと思います。音楽、オシャレ、効率化が好きです(^^)♪
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop