【心が軽くなる】苦手な人と上手く付き合うコツは「黒」から「白」へ

こんにちは、みさきです。

みなさんは職場で「この人はどうしても苦手」という相手と仕事をしなければならない時、どんな工夫をしていますか?

以前、私は職場に苦手な後輩がいました。
ミーティングはいつも受け身。意見を全くと言っていいほど出さない。
仕事の報告もぞんざいだったり、しなかったりで、彼女のことでストレスが絶えませんでした。
だからといって同じ部署の後輩である以上、距離を置くこともできず、ため息をつく日々でした。

ある先輩に、この困った後輩の愚痴をこぼした時のこと。
その先輩から聞いた話が、私の悩み解消の大きなアドバイスになりましたので、今日はそのことをご紹介します。

苦手な人には黒いバイアスをかけている

先輩がこの時してくれたのは、警察の「白くする捜査」の話でした。

捜査の現場では「相手を黒(犯人)だ」と狙いをつけて捜査するので、いつしか黒である情報だけに執着してしまい、相手が白である証拠(専門用語で「消極証拠」)が目に入らなくなるそうです。

これがえん罪が起きる元、とのこと。

その危険性を回避するために、警察は「白ではないか」と逆の視点のもとで、もう一度操作をし直すのだそうです。

その結果、消極証拠が次々に浮かび上がり、被疑者は白となることもあるとのことでした。

先輩は、この話を聞いて、人間関係でも同じことだなと思ったそうです。
自分も苦手な人には黒のバイアスをかけて判断しているよな、そのために、その人の長所、美点、尊敬できるところ、を見落としてしまっているのでは、と反省させられたといわれていました。

苦手な人と上手く付き合うコツは白のバイアスを持つこと

先輩の話を聞いて、振り返ってみると、私はその後輩のことを「報告がない」「意見を言わない」と欠点ばかり目について、「どうしてこんなことができないのか」と、マイナス評価ばかりしてしまっていたなと気づいたのです。

一旦、黒のバイアスを外して後輩を見てみようと努めてみると、数日の間にいろいろな彼女の尊敬できる点、学びたい点が見えてきました。
今まで全く気付かなかったことです。

「アイデアを出すのは苦手だけれど、頼んだ仕事は正確にしているな」「仕事の愚痴は一切言わない人だな」などと気がつくうちに、私のストレスはとても軽くなっていき、やがてその後輩とはプライベートのことも語り合える友人になったのです。

The following two tabs change content below.
みさき

みさき

はじめまして、みさきです。 チューリップ企画で「動画で学べる仏教」を制作しています。 10年間、旅のプランニングの仕事を通して、幅広く多くの方々とお話してきました。旅には各々の想いがあり、じっくりとお話をしながら旅のお手伝いをしていきます。人と関わる中で人間関係で悩んでいる人が多いことを知りました。 8年前に仏教とご縁があり、人間の心についてずば抜けた洞察の深さに感動して、今の仕事に至っています。日常の悩みについて仏教ではどう教えられているかを発信してゆきたいと思います。
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事