整理整頓の仕方と約束を守る人との関係とは?

ヒロ☆カズ ヒロ☆カズ

心穏やかアドバイザーのヒロカズです。
最近

「乱雑な 車内に潜む事故の影 車内の整理整頓を」

という標語を見かけましたので、整理整頓の仕方についてちょっとした工夫で誰でもできることについて紹介したいと思います。

目次

  • 「整理」の仕方
  • 「整頓」の仕方
  • 儲かる人は約束を守る人
  • まとめ

「整理」の仕方

整理と整頓とは意味が違うと言われます。【整理】とは要るものと要らないものを分けること、【整頓】とは要るものを使いやすいように並べることだそうです。
掃除がうまくできない人は【整理】の仕方か【整頓】の仕方かどちらかが苦手だと言われます。

【整理】が苦手な人は物が捨てられない人が多いと言われます。
確かに限られた部屋のスペースでは限界があります。
整理せずに整頓する仕方としては引っ越すしかないのではないでしょうか?

いらないものを捨てることは簡単そうですが、実際は思った以上に難しいと思います。
私は「もったいない」と思って捨てられないほうなので、なかなか苦戦しています。
反対に私の後輩で「掃除は捨てること」と何でも捨てる人がいます。
以前、事務所の引越しでその後輩は自分がいらないと思う備品を全部捨ててしまいました。
結局、あとでまた必要なものを購入するという悲惨な目に遭ったことがあります。。。

【整理】の仕方は期限を決めて捨てること。(私の場合1年着ない服、使用しないものは基本的に捨てることにしています)

「整頓」の仕方

【整理】ができたら次は【整頓】です。
【整頓】とはいるものを使いやすいように並べることですが、使いやすさは人によって違いますのでここは工夫がいるところです。
その上で見栄えよく並べる必要があります。

【整頓】の仕方は物の位置を決めること
【整頓】してもすぐに部屋が散り乱れてしまうのは整頓の仕方が悪いのではなく使ったものを元の位置に戻さないからでしょう。
元の位置に戻せないのはまず物の位置を決めていないからではないでしょうか?

私の上司にいつも机の上が整理整頓されている人があります。
葉書を書くためのペンをペン立てでいつも机の決まった位置に立ててあったので、一度、理由を尋ねてみました。
「手間をかけないためだよ」という答えを聞いて「なるほど」と納得したのを覚えています。
ペンを置く位置を引き出しにした場合、引き出しを開けるという手間がかかるので、元の位置に戻しにくくなります。
めんどくさがりやの人間の本質を見抜いた整頓の仕方に驚いたものです。

  • 【整理】の仕方は期限を決めて捨てること
  • 【整頓】の仕方は物の位置を決めること

整理整頓の仕方とは自分で決めた約束事を守り続ける方法を確立するということなのでしょう。
部屋の姿はこれまでどれだけ約束を守ってきたかの証なのかもしれません。

儲かる人は約束を守る人

儲かるという文字は信用ある者と読むことができます。約束を守る人は信用ある人でしょう。
儲かっている人と約束を守っている人。
儲かっている人と整理整頓ができている人とはきっと無関係ではないのかもしれません。
整理か整頓どちらか一つ自分で決めたルールを守るところから始めると思わぬ道が開けてくるかもしれません。お互い実行しましょう

まとめ

  • 【整理】の仕方は期限を決めて捨てること
  • 【整頓】の仕方は物の位置を決めること
  • 整理整頓とは自分との約束を守ること
  • 何より実行が大切

(関連)整理整頓で「新」を呼び込むには、まず捨てること!

The following two tabs change content below.
ヒロ☆カズ

ヒロ☆カズ

チューリップ企画のヒロ☆カズです。
31歳で肝臓の病気にかかり、2度の入院を経験しました。朝起きて仕事に行く。休日は友人と出かけるという当たり前の日常を失い、初めて、朝起きて仕事に行けることが当たり前でないことに気が付きました。
当たり前の1日がかけがえのない1日であることに気づけば、悩みが感謝の心へ変わるのかもしれません。闘病中に読んだ本や勇気をもらったさまざまな言葉からヒントを紹介したいと思います。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop