言葉選びはけっこう重要!一言で人間関係は大きく変わる


いつもお読みいただき、ありがとうございます。
お悩み解消研究家のわかです。

電話応対をしていると、言葉選びには気を遣います。
何気なく言ったことが、相手に不快感を与えることもあるからです。

言葉によって得をする人、損をする人の違いは、言葉の選び方の違いではないでしょうか。
今回は、言葉について考えてみたいと思います。

ポイントは相手がどう思うか

「僕の声が小さくて聴きとりづらいのを、祖父は『声が優しい』と言ってくれる」

こういう投稿を目にしたことがあります。

「声が小さいよ」と言えば伝わりやすい一方で、気にしている人にとっては責められているようにも感じます。
「声が優しい」と言われたら、責められているようには思わないのではないでしょうか。

私たちは一人一人価値観が違いますから、言葉の受け取り方も異なります。
同じ言葉でも、なんとも思わない人がいる一方で、ひどく傷つく人もいるでしょう。

だからこそ、言葉を選ぶことは大切なのです。

言わないほうがいいこともある

では、言葉を選びさえすれば何を言ってもいいかというと、そうではありません。
中には言わないほうがいいこともあります。
見た目や外見のことは特に気を付けたほうがよいと思います。

久しぶりに会った人の体形が変わっていた時、褒めるつもりで「やせたね」と言ったとしましょう。
しかし、相手は望んで痩せたわけではなく、病気か何かで体重が落ちてしまったということも考えられます。

見た目のことは気にしている人も多いですし、とても繊細な部分です。
どんな相手かに関わらず、言わないようにしたほうがよいでしょう。

言葉選びで人間関係が変わる

言葉はちょっとしたこと、と思いがちです。
しかし、「たかが言葉、されど言葉」と言われます。

言った方は忘れていても、言われた方はいつまでたっても覚えているものです。
特に、言われて傷ついた言葉は忘れられないものではないでしょうか。
まいた種は必ず生えますから、口で言ったことも、いずれ必ず何かの結果となってあらわれます。

特に人間関係は顕著です。
自分本位な言葉ばかり使って、相手を傷つけていれば、人はどんどん離れていきます。
逆に、日ごろから相手がどう思うかに気を配り、言葉を選んでいる人は、おのずと信頼されるでしょう。

まとめ

人はそれぞれ価値観が違いますから、同じ言葉でも受け取り方が変わります。
だからこそ、相手を不快にさせない言葉選びが重要です。

言葉は残らないように見えて、相手の心にはしっかり残っています。
言葉を選ぶか、選ばないか。
そのちょっとした積み重ねが、いい人間関係を築けるかどうかの分かれ目なのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
わか

わか

チューリップ企画コールセンターのわかと申します。 静岡の温暖な気候の中で育ったせいか、のんびりと構えていることが多く、周囲からはよく「いつも安定しているね」と言われます。 日常の様々な出来事を物語化することが好きです。学生時代、家ではほとんどの時間を机の前で過ごし、ノートに散文を書きためる日々を過ごしていました。そんな小さい頃からの癖で、日常の出来事を無意識に観察していることがあり、見ているうちに周囲の人間関係も客観的に把握することができるようになりました。 今まで見てきた人間関係、自分自身の悩んだ経験や、日々の電話応対の中でのお客様の声などを通して、皆様の悩みに寄り添える記事を書いていきたいと思います!
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事