幸福感を高めるために今日からすぐできること


こんにちは。みさきです。
みなさん、スマホで「あ」と打って最初に出てくる予測変換は何でしょうか。
「ありがとう」と出てくる人は幸せな人といえます。

ゴディバ ジャパン株式会社が「ありがとう」に関するアンケート調査を実施したところ、 1日平均4回以上「声」に出して「ありがとう」と伝える人の方が幸福度が高いことが判明しました。また、年収についても 1日平均4回以上「声」に出して「ありがとう」と伝える人の方が20万円以上高いことが分かりました。

「ありがとう」の言葉が日常になっているということは、日々周りから 与えてもらっている現れです。
誰からもなにももらえない人はそもそも「ありがとう」を口にする機会もまたありませんので。
また与えてもらっていても気づかず、不平を抱える人も世の中にはありますが、その人は与えてくれる人に感謝しているのですから、自分の幸せを受け止めている人と言えます。

また「ありがとう」という言葉は、言われた人の心を一言で幸せにさせる最強の言葉です。
「ありがとう」は発する人の周りにいる人を幸せにさせています。

私たちが人から「ありがとう」といわれると、お礼を言ってくれたから嬉しい、というよりも、自分のしたことが人の役に立てた、自分の存在に意味があった、と思えるから嬉しいのです。

「ありがとう」の言葉が飛び交う職場や家庭は、やっぱり明るいです。

脳科学の研究によると、「ありがとう」は言われた相手の幸福感が高くなるだけでなく、言った本人の幸福感も高くなるそうです。

次世代に残したい日本語ベスト1も「ありがとう」。

仏教でも「ありがとう」と言葉をかけることは「心施」といい、幸せになれる行いの一つに数えられています。

大いに「ありがとう」は使っていきたいものですね。

The following two tabs change content below.
みさき

みさき

はじめまして、みさきです。 チューリップ企画で「動画で学べる仏教」を制作しています。 10年間、旅のプランニングの仕事を通して、幅広く多くの方々とお話してきました。旅には各々の想いがあり、じっくりとお話をしながら旅のお手伝いをしていきます。人と関わる中で人間関係で悩んでいる人が多いことを知りました。 8年前に仏教とご縁があり、人間の心についてずば抜けた洞察の深さに感動して、今の仕事に至っています。日常の悩みについて仏教ではどう教えられているかを発信してゆきたいと思います。
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事