「親孝行ができていないな…」という時に、心動かす問いとは

こんにちは。”伝わる”技術研究家のみさきです。

数日前に母と電話で話しました。

LINEで週に数回メールをしているので、親とはちゃんと連絡を取っていると思っていたのですが、電話で直接話すと、最近の母の出来事や健康で抱えている不安など、短いメールでは読み取れなかった母の気持ちがいろいろわかりました。

日常生活を優先して、親のことを省みていなかったことを反省しました。

一緒にいられるのは、あとどれくらい?

数年前、心に残る生命保険会社のCMがありました。

親子のつながりの見直しを訴(うった)えるストーリーでした。

画面には「2分9秒38」という時間が大きく表示されている。
登場したのは、上京し、家庭を築き、忙しくも充実した生活を送る男性。
仕事のことばかり考える毎日の中で、時折、かかってくる母親からの電話。
「何?今、会議中だからさ……」とすげなく切る。
両親が息子の顔を見に東京に来てくれる。
母親が畑の野菜で作った漬物を渡そうとすると、苦々しい表情で、「これ持って得意先に行けないよ」と受け取らない。
近況を尋ねる両親に、「悪いけど俺、時間がないんだ」と、急いで立ち去る息子を母親が呼び止める。
「次はいつ話せるの?」
男性は、何を言っているんだ、という顔で、「また、いつでも話せるだろ」と一言。

「2分9秒38」という時間は、男性が3カ月間で両親と話した合計時間のことでした。

そのままの関係が続けば、20年でたったの3時間しか会話しないことになる、という結論で終わるCMです。

身につまされる内容にショックを受けました。

私は実家に年に2回、2日ほど帰省していますが、あと20年お互いが生きていたとして、親と会えるのは80日。

20年もあるんだからと思っていても、一緒に過ごすことができるのは、ごくわずかな時間なのですね。

CM中の「また、いつでも話せるだろ」は、日常の私の心をズバリ言い当てられていました。

でも「いつでも」は錯覚(さっかく)でした。

本当は親と一緒に過ごせる時間は驚くほど少ないのだから、「一緒にいられるのは、あとどれくらい?」と自問して、親との時間を大切にしたいと思います。

家族とのつながりを見直したい方に、こちらの記事もお勧めです。

家族との関係を変えたいあなたへ|今からできる3つの心がけ

認知症の家族にイライラした時の向き合い方

The following two tabs change content below.
みさき

みさき

はじめまして、みさきです。 チューリップ企画で「動画で学べる仏教」を制作しています。 10年間、旅のプランニングの仕事を通して、幅広く多くの方々とお話してきました。旅には各々の想いがあり、じっくりとお話をしながら旅のお手伝いをしていきます。人と関わる中で人間関係で悩んでいる人が多いことを知りました。 8年前に仏教とご縁があり、人間の心についてずば抜けた洞察の深さに感動して、今の仕事に至っています。日常の悩みについて仏教ではどう教えられているかを発信してゆきたいと思います。
心が穏やかになった人へ
心が穏やかになった人へ

おすすめの記事